2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09





立呑み処 七津屋 京橋本店【ポテトサラダ、串カツ、鯖きずし、豚ツラミ…ほかetc.】大阪市都島区東野田町

 その昔、東海道五十七次の終点として、また大阪と京都を結ぶ京街道の起点として発展した街、京橋。

 先の太平洋戦争では、終戦前日の1945(昭和20)年8月14日に、京橋駅が空襲され800名もの尊い命が犠牲となった。

 そんな悲惨な戦争からも70年が経ち、町に戦争の爪あとを感じることもなく、今や大阪の東の玄関口として、梅田や難波に次ぐ繁華街になっている。

 一部では梅田のキタ、難波のミナミに対抗し、京橋エリアをヒガシとして定着させようとする動きもあるとか、ないとか・・・

 そして京橋と言えば、大阪の人なら誰しもが知っている、『京橋はえぇとこだっせ~』でお馴染みのグランシャトーだ。

 そんな大阪ソウルタウンにある、通称“立ち呑みストリート”と呼ばれる、オヤジたちのパラダイスエリアに「七津屋 京橋本店」はある。

IMG_20150612_141517_R.jpg

 通常でも350円と安い大瓶ビールが、水・金・土曜日はさらに安くなるとは、何とも粋を感じるサービスじゃないか。

 七津屋はこの戦略で、キタやミナミにも出店している人気の立ち呑み屋だ。

IMG_20150612_141525_R.jpg

 ちなみに訪れたのは金曜日だった、ラッキー(~o~)♪

 では、いただきます。

 大瓶ビール 330円

IMG_20150612_141744_R.jpg

 壁のお品書きも趣きがあってイイ。

IMG_20150612_143852_R.jpg

 それにどれも安いのが更にイイ。

IMG_20150612_143900_R.jpg

 もともと“なれ寿司”や“ふな寿司”などの発酵させる寿司に対し、生の寿司という意味で“生寿司(きずし)”と呼ばれるようになったもので、関東の“しめさば”より濃い目の味付けで酢締めされたものが“きずし”だ。

 醤油が要らないほどシッカリした味のものが好みだが、関西でもコレ“しめさば”じゃないの?ぐらい、アッサリしたものが多いと感じるのは気のせいだろうか。

 鯖きずし 260円

IMG_20150612_141801_R.jpg

 呑んべぇ諸兄に絶大な人気を誇るポテサラ。

 こいつをチビリチビリ舐めながら呑むのが定番。

 ポテトサラダ 150円

IMG_20150612_141812_R.jpg

 大阪と言えば串カツ・・・と思っている方も多いだろう。

 だが、某テレビ番組で紹介されたほど、串カツ屋にしょっちゅう食べに行く人は大阪人でも少ないと思う…(笑)

 飲み屋にあれば食べる程度だ。

 うずら玉子 90円
 れんこん 90円

IMG_20150612_142029_R.jpg

 鶏の唐揚げはチョット揚げ過ぎ。

 でも3個100円なんだから、それぐらいは目を瞑ろうじゃない。

 トリ唐 100円

IMG_20150612_142315_R.jpg

 コレ、コレ、この分厚いハムカツが旨いんだよな~

 子どもの頃に家で出てきたのは薄っぺらのハムカツだったが、晩ごはんのを一枚とっておき、翌朝に食パンと一緒に焼いて、トンカツソースをべったりかけて食べるのが好きだった。

 ハムカツ 100円

IMG_20150612_142450_R.jpg

 脂ジュッワーな豚ツラミ。

 シャキシャキのモヤシの歯ごたえもイイ。

 豚ツラミ 220円

IMG_20150612_143347_R.jpg

 店内、割りとゆったりした空間で、ユル~い時間が流れ、立ち呑みだがのんびり呑めるイイ感じ。

 ごちそうさまでした。






関連ランキング:居酒屋 | 京橋駅大阪ビジネスパーク駅大阪城北詰駅


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/9-da395f4c