FC2ブログ

2020 081234567891011121314151617181920212223242526272829302020 10




寅八商店 難波店【泳ぎイカと藁焼きのカツオのたたき、そして肉と酒~♪】


寅八商店 難波店@大阪市中央区難波

IMG_2040_R.jpg



 大阪メトロ・御堂筋線のなんば駅から徒歩約2分、【寅八商店 難波店】です。

IMG_2008_R.jpg



 グルメブロガーランキングに参加してます。

 読む前か後に↓ポチっとお願い♪

 
 大阪ランキング

 応援ありがとv(*'-^*)-☆






 活けイカの姿造り、テレビなんかで見かけたりしますが、佐賀県の唐津市呼子が有名ですよね。

 博多で食べたことがありますが、捌きたての新鮮そのものの身が、パツンっと弾けそうだったのを覚えています。

 チャンスがあればまた食べたいな~

 なんて思ってはいましたが、大阪に居るとその機会も中々なく…

 またいつかと思っていたら、「kawachiがイカを食べたがってる」って話を聞いたグルメ仲間が、ありがたいことにお店を探してくれたんです~ヽ(^。^)ノ



DSC_1705_R.jpg

 千日前通り、ビックカメラの隣に建つ、ECS第32ビルの地下にお店はありました。

 こんな大阪の繁華街で食べれたのね…(笑)



IMG_2019_R_20200206102410d0f.jpg

IMG_2017_R_202002061024128a8.jpg

IMG_2018_R.jpg

 中に入るとけっこう広い空間になっていて、色んなタイプの個室が並んでいます。

 食べログで確認したら、地下1階2階を合わせて138席…(*゚Q゚*)



IMG_2016_R.jpg

 生け簀にはフグや石鯛やヒラメのほかに、大きなウツボも泳いでいましたよ。



DSC_1692_R.jpg

 分厚い冊子になったメニューの他に、日替わりメニューだけでもこのラインナップ…Σ(・□・;)



DSC_1670_R.jpg

DSC_1669_R_202002061034239bd.jpg

 2月末までは寒ブリとトラフグのフェアも開催中。

 寒い時期は美味しいものがたくさんで目移りしちゃいます。



◆プレミアム・モルツ(中) 580円(税別)

IMG_2027_R_20200206102414b3f.jpg

 生中と言いながら、グラスに毛が生えたようなスリムなジョッキで出す店が多い中、コチラのはシッカリしたボディ♪



IMG_2026_R_20200206102509a2c.jpg

 いただきます。



◆お通し 400円(税別)

IMG_2023_R.jpg

 お通しは鰹のタタキ。

 イカ姿造りと藁焼きのカツオがコチラの二枚看板みたい。



IMG_2031_R.jpg

 ウリにしているだけあって、分厚い身からほとばしる旨みがハンパない。

 こんなお通しなら大歓迎だわ♪



◆鰹の酒盗(ハラワタの塩辛) 420円(税別)

IMG_2072_R.jpg

 酒呑みが大好きな高知名物の珍味。

 鮮度の良いカツオの胃や腸を、じっくり塩蔵熟成させたもので、その昔ある殿様が、『酒がどんどん進む、酒を盗みたいほど箸が進む。』と言ったことから、酒盗と名付けられたんですね。



◆名物藁焼きタタキ 本鰹セット(8貫) 2,980円(税別)

IMG_2034_R_202002061026072c4.jpg

IMG_2044_R_20200206102609c30.jpg

 5貫と8貫があって、5貫の方はポン酢か塩ポン酢のどちらかで、8貫は半分ずつできるとのこと。

 この日のカツオは和歌山で獲れたものだそうで、上が塩ポン酢、下がポン酢になってます。

 女性ならひと口で頬張るのが大変なぐらい分厚いカット。

 モチモチとした食感、炙られた皮目の香ばしさ。

 ポン酢はアッサリで、塩ポン酢はパンチが効いてます。



◆モチガツオ(本鰹)お造り(5貫) 2,180円(税別)

IMG_2047_R_2020020610261065a.jpg

 足が速く、身が硬くなりやすいカツオを、水揚げ後スグに捌いて、硬くなる前に食べるカツオのことを、モチガツオと言うらしいです。

 和歌山すさみ港で、当日の昼にあがったカツオを直送してるコチラでは、早い時間帯なら食べられるとのこと。

 時間を気にしながら訊いてみると、まだ大丈夫とのことでお願いしました~ヽ(≧∀≦)ノ



IMG_2055_R_202002061026118cc.jpg

 確かに、脂が少ない身にはほど良い弾力があって、モチモチと舌に吸いつく食感は、まるで搗き立てのお餅みたい。

 これは食べたことのない感触でしたわ~(*゚∀゚)=3ハァハァ



◆長崎天然ブリトロお造り(腹) 1,980円(税別)

IMG_2059_R.jpg

 オススメメニューから、長崎産のブリの、脂がタップリのってそうなお腹の部分を…ヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ

 ウッヒョー!!見るからに脂ののりが良くて美味しそう~♪



IMG_2068_R.jpg

 ブリを浸けた途端、脂に弾かれた醤油がパッと散っていきます。

 甘い、ホワーっと広がる脂がとにかく甘くて濃厚。

 イヤ、コレはゼッタイ食べる価値ありです。



◆泳ぎイカお造り(100g) 1,880円(税別)

IMG_2038_R.jpg

 時期によって獲れるイカの種類が変わります。

 ヤリイカ(1月~4月)
 アオリイカ(1月~5月)
 剣先イカ(5月~12月)

 この日のは舞鶴産のヤリイカでした。



IMG_2036_R.jpg

 値段はグラム1,880円で、注文の際の大体の目安が書かれています。

 特大:560g~(8~10人前)
 大:360g~550g(4~4人前)
 中:210g~350g(2~3人前)
 小:200gまで(1人前)

 切り方も薄く削ぐ“そぎ造り”、イカそうめんのように細く切る“細造り”、どちらも半々の“両方”の3パターンが選べます。

 私たちは中サイズを、そぎ造りでお願いしました。



IMG_2041_R_20200206102643e12.jpg

 プリプリっとした弾力、歯を立てるとパツンっとはじき返し、噛むとムチッムチとまとわりついてきて、まったりとした甘さが広がります。

 熟成させたイカも好きですけど、活け造りにはフレッシュな魅力がありますね♪

 てか、ついさっきまで生きてたので、足がまだ動いてたりします。

 チョット可哀そうな気もしますけど、もらった命を大切にいただくから許してね…(´・_・`)



IMG_2089_R_20200206102825a37.jpg

 ゲソやエンペラの部分は、天婦羅・塩焼き・お造りのどれかをチョイスして、後づくりにしてもらいます。

 いったん下げられたあと、しばし時間をおいて天ぷらになって帰ってきました♪

 わっ!海苔も天ぷらにしてくれてる~ヽ(*´∀`)ノ

 プリプリの食感はそのままに、衣のサクサク感とさらに増した甘さ。

 後づくりは天ぷらがゼッタイ正解のような気がする。



◆四万十青さ海苔の天婦羅 780円(税別)

IMG_2075_R_20200206102707a73.jpg

 天ぷら続きでもう一丁。

 サックサクの衣が、香ばしいアオサの風味を引き立てます。

 なんで海藻類の天ぷらって、こうも美味しいんでしょね~(*゚∀゚*)イイ!!



◆桂月 蔵出し原酒(300ml) 1,100円(税別)

IMG_2090_R_20200206102711bc1.jpg

 高知県土佐郡にある「土佐酒造 株式会社」が、高知県産の秋津穂を醸して造る普通酒。

 すっきりした口当たりで、喉ごしも爽やかなお酒。



IMG_2082_R_20200206102709200.jpg

 お猪口を選ばせてもらえるのって、テンションあがるのよね♪



IMG_2093_R.jpg

 沖縄の海を思い起こさせる、マリンブルーのお猪口にしました。



IMG_2085_R.jpg

 同行者さんが頼んだ美丈夫のうすにごりと一緒に…



◆厚切り牛タン炭火焼 1,260円(税別)

IMG_2096_R.jpg

 お魚の美味しさは十分に堪能できたし…

 となれば、ヤッパリ肉!肉!肉!

 パッと目に着いたタンは、肉を喰ってるぞ~って歯ごたえがイイ感じ。

 噛み応えのある肉も好きな私にちょうど良かったけど、女性や子どもにはもう少し柔らかくても良いかもね?



◆黒毛和牛サーロインの藁焼き 2,800円(税別)

IMG_2099_R.jpg

 さすがサーロイン、お肉の王様。

 赤身と脂身のバランスが良くて肉汁ジュワー。



IMG_2108_R.jpg

 フライドガーリックにワサビ、それに生の粒胡椒をのっけて。

 想像以上に旨っまぁー(´゚∀゚`)キタコレ



◆土佐しらぎくぼっちり 特別純米(一合) 800円(税別)

IMG_2110_R_202002061028330af.jpg

 高知県安芸郡にある「有限会社 仙頭酒造場」が、松山三井を60%まで磨きあげて醸した特別純米酒。

 穏やかな香りに優しい口当たり。

 ぼっちりって、土佐弁で「丁度良い」「ほど良い」「ぴったり」と言う意味だそうです。



◆鯖寿司 1,080円(税別)

IMG_2115_R.jpg

 鯖寿司はゼッタイ食べときたい派…(笑)



IMG_2116_R_2020020610283697f.jpg

 シッカリめに酢〆されたサバと、ゴマや細かく刻んだ大葉とガリを混ぜ込んだ酢飯が合いますね~♪



◆土佐巻き 1,080円(税別)

IMG_2117_R.jpg

 土佐巻きって見慣れない料理なので頼んでみました。

 カツオのタタキの巻き寿司なんですね。



IMG_2129_R.jpg

 一緒に巻かれた生ニンニクと大葉が良いアクセント。

 パンチも効いてて、コレ、クセになるお味ですよ。



◆かつお出汁茶漬け 980円(税別)

IMG_2147_R.jpg

 鯖寿司も土佐巻きも食べたけど、まだもうチョットだけ胃袋に余裕が…ヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ

 最後はサラサラ~っと、お出汁の豊かな風味に、少し熱が入ったカツオのシットリした食感。



◆四万十あおさ海苔の出汁茶漬け 780円(税別)

IMG_2151_R.jpg

 同行者さんの〆ご飯。

 そばにいるだけでアオサの良い香りが漂ってきます。



◆鍋焼きラーメン 

IMG_2153_R.jpg

 もう一人は高知県須崎市のご当地ラーメンで〆。



IMG_2156_R_202002061028464b8.jpg

 キレイに麺線を整えてたので、反対から写真を撮らせてもらいました。

 この人、ホント、変態だわ…。゚( ゚^Д^゚)。ギャハハ!



◆和風パフェ 580円(税別)

IMG_2158_R_20200206102917bc1.jpg

 最後はデザート。

 みんな、甘いモン別腹なのね。

 色んなフルーツに抹茶カステラにあんこ、ほうじ茶のアイスクリームって感じかな?



◆ラムレーズンのレアチーズアイス 580円(税別)

IMG_2159_R.jpg

 ラム酒漬けのレーズンに、シャリシャリのレアチーズアイス。



◆ピスタチオのクリームブリュレ 580円(税別)

IMG_2162_R.jpg

 カリカリにキャラメリゼされた表面を、スプーンでカツカッて割ってみると、ピスタチオの香ばしさがふわ~o(≧ω≦)o



◆麒麟ラガー(中瓶) 650円(税別)

IMG_2143_R.jpg

 皆さんのをチョットずつ味見させてもらったけど、私のデザートはコレ…(笑)



IMG_2165_R.jpg

 活けイカの姿造りに、藁で炙った独特の香ばしさがタマラン鰹のタタキ。

 サーロインなんかの肉も中々の品質でしたけど、コチラの推しはなんと言っても魚介かな♪

 特にブリの腹身のお刺身は空前絶後の美味しさでしたわ。

 素材にムチャクチャこだわってはるので、少々お値段が高くつく感じはありますけど、これだけの旨いモンが食べられるなら納得。

 てか、私らが食べ過ぎなだけという意見も…(゚∀゚≡゚∀゚)

 ごちそうさま~(^ε^)-☆



※メニュー写真はコチラ⇒寅八商店 難波店のメニュー



 ランキングアップにご協力を…m(__)m

 離れる前に↓ポチっとお願い♪

 
 大阪ランキング

 応援ありがとv(*'-^*)-☆



 本日も読んでいただいてありがとうございました♪

 感想やご意見をコメントにいただけると喜びます…((=゚ェ^=))

 ◆公認ブロガー
 KGB(関西グルメブロガーズ)

 ◆kawachiの美食なB食探訪記
 食べログ(VIP会員)

 ◆ブログには載せないネタも配信中
 インスタグラム

 ◆ぐるなび運営グルメマガジン公式キュレーター
 メシコレ(2017関西アワード1位)



 ◆食べログ


関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 大阪難波駅難波駅(南海)日本橋駅




関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/679-66ad98e0