FC2ブログ

2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08




東心斎橋 ほおずき【選べるのが楽しいお鍋と沖縄料理と泡盛と~♪】


東心斎橋 ほおずき@大阪市中央区東心斎橋

IMG_0336_R.jpg



 大阪メトロ・御堂筋線の心斎橋駅から徒歩約5分、【東心斎橋 ほおずき】です。

DSC_0909_R.jpg



 グルメブロガーランキングに参加してます。

 読む前か後に↓ポチっとお願い♪

 
 大阪ランキング

 応援ありがとv(*'-^*)-☆






 淡い黄色の花を咲かせる6月から7月頃には、日本各地で「ほおずき市」が開催されるほど、日本人に親しまれているホオズキ。

 お盆の時にガクに包まれたホオズキの果実を、先祖が帰ってくる時の目印となる提灯の代わりとして飾ることから、漢字では鬼灯なんて書いたりしますね。

 ~鬼灯は実も葉もからも紅葉かな~

 松尾芭蕉が詠んだ句です。

 昔からいつも日本人の暮らしに寄り添ってきた、そんなホオズキを店名にした居酒屋で仲良し飲み会♪



DSC_0905_Rr.jpg

 大丸心斎橋からほど近い、コスミビルの2階にお店はありました。



DSC_0903_R.jpg

DSC_0904_R.jpg

 エレベーターもあるけど、チョットでも体を動かして命の水を美味しく迎えようと、オッサンは迷わず階段で2階へ…

 って、たったの2階やないかぁーい…(σ≧▽≦)σ



DSC_0911_R.jpg

 所々に建てた柱から張り巡らされた梁が、沖縄の古民家のような雰囲気で落ち着きます。



DSC_0910_R.jpg

 テーブルは全部で6卓ほどかな?

 写真は客がハケた時に撮ったものですけど、平日だと言うのに予約してた私たちの席以外は、空いてるのが1卓だけ…(*゚Q゚*)

 人気あるんですね~(*゚∀゚)



IMG_0300_R_20191212235037c50.jpg

 日本酒や焼酎、特に泡盛が色々と楽しめそうだわ。



IMG_0320_R.jpg

 Wi-Fiがつながるのも、SNS大好きイマドキ女子にはポイントなんじゃないですか?



◆生ビール 550円(税別)

IMG_0335_R_201912122350384c9.jpg

 大好きな箕面ビールもありましたけど、それはまたあとのオ・タ・ノ・シ・ミ~o(^▽^)o



IMG_0305_R.jpg

 いただきます。



◆お通し 300円(税別)

IMG_0303_R_2019121223504242f.jpg

 お通しはきんぴらと野沢菜漬け。

 野沢菜漬け、ホント大好きで、お米があんまり好きじゃない私も、これがある時は白ごはんが欲しくなります~(о´∀`о)

 モチロン、ビールのアテにもバッチグー(笑)



◆馬刺し3種盛り 1,950円(税別)

IMG_0325_R.jpg

 店員さんにオススメを訊いてみると、『馬刺しと鍋はゼッタイ食べてください』ですって♪

 ヒレ、カイノミ、タテガミの3種盛り。



IMG_0329_R_201912122350466f5.jpg

 ヒレは馬の肩から腰へと続く、リブロースのお腹側についてる部位。

 メチャメチャ柔らかくて、アッサリした味わいの赤身肉になってます。



IMG_0327_R.jpg

 白くて脂肪のかたまりに見えるのはタテガミ。

 文字通り首筋の鬣(たてがみ)が生えてる辺りの部位で、なんと60%が繊維質だそうです。

 見た目は脂っぽく感じますけど、プリっとした食感でサラッとしてるんですよ。



IMG_0332_R.jpg

 タテガミとサンドになってるのはカイノミ。

 お腹の大部分を占めるバラの一部で、ヒレと同じぐらいに柔らかくてアッサリ。

 それでいてほのかな甘みもありますね。



◆名物ほおずき鍋(1人前) 1,080円(税別)×2人前

IMG_0337_R_20191212235050e3f.jpg

 お鍋は4種類。

・もつ鍋
・鶏鍋
・豚鍋
・水餃子鍋

 そしてお味の方は7種類。

・ガーリック醤油 1,080円
・ゆず塩麹 1,080円
・特上村田味噌白味噌 1,080円
・ピリ辛チゲ味噌 1,080円
・あっさりポン酢水炊き 1,080円
・秘伝カレー 1,380円
・洋風トマト 1,380円

 ってことは、28パターンの組み合わせから選べるってことですね。

 私たちはお店イチオシのゆず塩麹×もつ鍋の組み合わせでお願いしました~\(^_^)(^_^)/

 モツの他にキャベツ、ニラ、モヤシ、豆腐、それにエノキやシメジなどのキノコ類。

 ボリュームがあるので、3人で二人前で十分過ぎるほどでした。

 他の料理もあれやこれや食べたいしね♪



IMG_0341_R.jpg

 プルンプルンとコラーゲンのかたまりのようなモツは、口の中に甘さとコクを残して、フワーっと溶けてなくなります。

 柚子こしょうがピリッと効いたスープも、塩糀独特の旨みとコクが染みわたりますよ~♪
 


◆白百合 650円(税別)

IMG_0358_R.jpg

 石垣島にある「株式会社 池原酒造」が、洗米から蒸留まで一貫した手作業で丁寧に作る泡盛。

 同行者さんが『土壁の匂いがするで~』ってススメてくれたんです。

 って、どんなススメ方や…(笑)

 飲んでみると確かに、土の香り、でも悪くない。

 泥臭いんじゃなくて、大地の匂いって言うのか、自然の味わいでスーっと入ってきます。

 あれ? コレ、いつかどこかで飲んだ記憶が…

 あっ!! そうや!!

 私学の高校に進学した友だちが、卒業旅行で沖縄に行った時に、お土産に買って来てくれた、2本の泡盛のうちの1本だわ♪

 もう一人の友だちは沖縄のタバコをくれたっけ…

 時代よね~(≧∇≦) ブハハハ



◆三種おかず味噌野菜スティック添え 850円(税別)

IMG_0346_R_2019121223513828a.jpg

 泡盛を飲みながらチビリチビリ食べられそうなアテを…(^∇^)

 7種類の中から好きな3種類をセレクト。

・食べるラー油味噌
・こがし豚味噌
・チーズ味噌
・ピリ辛金山時味噌
・山うに豆腐(豆腐の長期味噌漬)
・自家製ラー油の味噌
・柚子味噌

 狙ってた山うに豆腐が品切れってことで、チーズ、こがし豚、ピリ辛金山寺。

 新鮮シャキシャキな野菜につけると、思ってた通りお酒とメッチャ合う~!



◆もずく天ぷら 580円(税別)

IMG_0355_R.jpg

 沖縄料理がウリってことで、ここからはオンパレードで~v(o゚∀゚o)v

 サックサクの食感に、モズクの海の香り。

 添えられた藻塩をつけて食べると、より沖縄っぽくなりますね。



◆タクシードライバー 700円(税別)

IMG_0343_R.jpg

 岩手県北上市にある「喜久盛酒造 株式会社」が、地元産の飯米「かけはし」を醸して造る純米原酒。

 ユニークな名前の由来は、1976(昭和51)年、ロバート・デニーロ主演の米映画「タクシードライバー」から名付けられたんですって。

 名前は変わってますけど、旨みが濃厚、でもスッキリした酸が爽やかにまとめてくれる、旨口のお酒になってます。



◆ラフテーの炙り 750円(税別)

IMG_0352_R.jpg

 沖縄県の郷土料理。

 三枚バラをじっくりコトコト煮込んであって、脂身の甘さと肉部分の旨みが、口の中でとろけ合ってメチャクチャ美味しい~♪

 あまりの美味しさに瞬間でなくなりました…(笑)



◆箕面ビール(スタウト) 850円(税別)

IMG_0366_R_201912122351456da.jpg

◆箕面ビール(ヴァイツェン) 850円(税別)

IMG_0371_R.jpg

 紅葉と滝と野生の猿で有名な、大阪の箕面で生まれたビール。

 同じ大阪人として、ヤッパリ応援したくなりますよね。

 しかも本当に美味しいんですから~(*≧∪≦)



◆フーチャンプルー 720円(税別)

IMG_0369_R.jpg

 本土ではみそ汁やすき焼きの具として、わき役ってイメージのあるお麩も、沖縄ではメイン食材として使われるんですね。

 車麩と呼ばれる大きなお麩が使われてるそうで、ムチっとした食感がイイ感じ~(^_^)v

 お麩とか高野豆腐が大好きなので、今度その車麩ってのを買ってみよ♪



◆ジーマミー豆腐 580円(税別)

IMG_0360_R_2019121223514323d.jpg

 豆腐ってついてますけど大豆は使われてないんですよ。

 落花生(ピーナッツ)のしぼり汁に、サツマイモのデンプンを加えて作った、要は胡麻豆腐の落花生バージョン。

 モチモチと舌に絡みついたかと思うと、香ばしいピーナッツの風味が鼻へと抜けていきます。

 ちなみに漢字では「地豆」って書くそうで、琉球語で落花生って言う意味なんです。



◆もずく汁 380円(税別)

IMG_0374_R.jpg

 これは同行者さんの一人がシメにって頼んだもの。

 少し味見させてもらいましたけど、モズクのツルンっとした食感に、出汁がシッカリ効いてて、お酒を飲んだ〆に優しいわ~



 馬刺しに始まり、お鍋に沖縄料理の数々、どれもこれも美味しかったな~ヽ(≧∀≦)ノ

 料理の美味しさもさることながら、お鍋にしても野菜につける味噌にしても、色いろと選べる楽しさがあるのも良いですね。

 沖縄の古民家風の雰囲気もステキだし、圧倒的に女性客が多かったのも納得。

 途中でサラリーマンのグループが満席で諦めてたので、平日でもゼッタイ予約がオススメですよ。

 ごちそうさま~(^_-)-☆



 ※一番↓にメニューあり



 ランキングアップにご協力を…m(__)m

 離れる前に↓ポチっとお願い♪

 
 大阪ランキング

 応援ありがとv(*'-^*)-☆



 本日も読んでいただいてありがとうございました♪

 感想やご意見をコメントにいただけると喜びます…((=゚ェ^=))

 ◆公認ブロガー
 KGB(関西グルメブロガーズ)

 ◆kawachiの美食なB食探訪記
 食べログ(VIP会員)

 ◆ブログには載せないネタも配信中
 インスタグラム

 ◆ぐるなび運営グルメマガジン公式キュレーター
 メシコレ(2017関西アワード1位)



 ◆食べログ


関連ランキング:もつ鍋 | 心斎橋駅長堀橋駅四ツ橋駅





IMG_0323_R_20191212235232383.jpg

IMG_0319_R.jpg

IMG_0317_R.jpg

IMG_0316_R.jpg

IMG_0315_R.jpg

IMG_0314_R.jpg

IMG_0313_R.jpg

IMG_0312_R.jpg

IMG_0311_R.jpg

IMG_0310_R.jpg

IMG_0309_R.jpg

IMG_0308_R.jpg

IMG_0307_R.jpg

IMG_0306_R_20191212235209f72.jpg

IMG_0321_R_201912122352304b4.jpg


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/655-22e36c92