FC2ブログ

2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12






寿司割烹 いぶき【空中庭園を眺めながら絶品の寿司コースに酔いしれる~♪】


寿司割烹 いぶき@大阪市中央区宗右衛門町

DSC_8997_R.jpg



 近鉄・奈良線の近鉄日本橋駅から徒歩約7分、【寿司割烹 いぶき】です。

DSC_8955_R.jpg



 クソ生意気にもグルメブロガーランキングなんてのに参加しています…(笑)

 あなたの応援が励みです!!

 下のバナーを1日1回クリックしてね♪

 
 大阪ランキング

 応援ありがとv(*'-^*)-☆






 とある飲み会の席での話。

 『たまには回ってないお寿司を食べてみたいな~』

 なんて会話になった時、ある方がメッチャ良いお店を知ってるって。。。

 『だったら一度連れて行ってくださいよ~m(_ _)m』

 ダメ元でおねだりしてみたら、何と、ナント、気前よく連れて行ってくれることに…(((o(*゚▽゚*)o)))

 何でもトライしてみるもんですね~(笑)



DSC_8950_R.jpg

 宗右衛門町通りの相合橋スグ近く、CANAL SIDE SOEMONCHOの8階にお店はありました。

 エレベーターを降りたらスグにお店なんですけど、漂ってくるオーラがハンパない…(*゜Q゜*)

 イヤ、寿司屋って、なんだか敷居が高くて、常連さんが一緒じゃなきゃ、なかなか行きにくいでしょ~(^▽^;)



DSC_8957_R.jpg

DSC_8958_R_20191013064227a15.jpg

DSC_8960_R.jpg

 平日のまだ早い時間、店内に先客の姿がなかったので、常連さんのよしみで写真も撮らせてもらえました♪



DSC_8959_R_2019101306422770a.jpg

 テラス席もあるなんて、デートなんか良い雰囲気になれるでしょうね。



DSC_8961_R.jpg

 白石が敷き詰められた空中庭園までありますやん…(≧▽≦)

 えぇ~こんなステキな雰囲気の中で食事できるなんて…

 そぉ思うだけでメチャクチャ幸せな気分になりますよね~ヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャッ♪



DSC_8962_R.jpg

IMG_8581_R_20191013064230a46.jpg

 恐っそろしいぐらいテンションが上がるなか、一番奥の個室風の席に案内してもらいました。

 しっとり落ち着いた趣で、ワンランク上の上質空間って感じ。

 空中庭園を眺めながら食事ができるのがステキ♪



◆プレミアム生ビール(熟撰) 1,000円(税別)

IMG_8520_R.jpg

 命の水は、アサヒがビール造りと味にこだわった熟撰♪



DSC_8976_R.jpg

 いただきます。



DSC_8974_R.jpg

 ちなみに箸が縦に置かれてるのは、インバウンドのお客さんが多いからなんですって。

 店員さんに言われるまで違和感を感じなかった、お箸の国の人代表…(笑)



◆≪季節の逸品を織り交ぜて≫おまかせ握りコース 12,800円(税別)

 お料理は、7,800円、9,800円、12,800円、15,800円のコースのみのようで、私たちは12,800円のコースをお願いしました。



IMG_8525_R_201910130644043da.jpg

 まず提供されたのはシジミのスープ。

 しじみのエキスが濃厚で、何だかスゴク滋味深い味わい。

 この一杯だけで、このお店が美味しいのしか出てこないのケッテーヽ(≧∀≦)ノ

 魚の絵柄のお猪口もカワイイですね♪



IMG_8529_R.jpg

 コースの順番とかよく分かりませんけど、お通し代わりなのかな?

 キャビアがのったノドグロです。



DSC_8982_R.jpg

 金箔まで添えられててメチャ豪華~ヾ( ゚∀゚)ノ゙

 甘さと旨みを残して溶けていくノドグロ、後にはキャビアのプチプチ感とネットリした塩っけが残ります。



IMG_8536_R.jpg

 ここで前菜が運ばれてきました。

 もずく酢、鯛の昆布締め、煮アワビの寿司、エリンギと春菊のお浸しが、秋らしい装いで盛りつけられています。



2019-10-10 寿司割烹 いぶき_R

 キメが細かく繊細でいて、コリコリと歯ごたえの良い食感がタマラナイもずく酢。

 昆布の旨みがシッカリとしゅんだ、ネットリと艶めかしい鯛の身。

 イチョウとモミジはカリカリのチップスになってました。

 柔らかい煮アワビは磯の風味が濃厚で、赤酢の米ともよく合います。

 香りの強いエリンギは、まるで松茸のような風味で、本物のエリンギってこんな味なんだって感動モノでした。

 前菜だけでビール何杯もイケちゃいそうでコワイ…(^▽^;)



DSC_8992_R.jpg

 いよいよお寿司の登場です…

 って、すでにノドグロと煮アワビは食べてるけど…(笑)

 長ーいお皿に盛られているのは、〆アジ、中トロ、大トロの三貫。



IMG_8546_R.jpg

 先ずは〆アジからいただいてみます。

 マイルドな酢の加減に、臭みなんてまったくなく、イキイキとした青魚の旨みだけが広がります。



IMG_8554_R.jpg

 続いて中トロ。

 ネットリと甘い脂に、赤身に近いマグロの濃厚な味わい。

 舌の上に旨みの余韻を残して、ノドの奥へと落ちていきますよ。



IMG_8556_R.jpg

 見るからに脂がのりまくった大トロ。

 パラパラ~とほどけていくシャリひと粒ひと粒を、濃厚でいてサラッと上質な脂がコーティング。

 まさしくトロけてなくなるって表現がピッタリですよね~(*≧∪≦)



IMG_8549_R.jpg

 続いてカンパチとカツオのお刺身。

 昆布や味醂などで漬けこんで寝かせた醤油ゼリーが添えられています。



DSC_9018_R.jpg

 ほぐした菊の花びらも一緒にいただきます。

 脂ののった戻りガツオは、よっぽど鮮度が良いみたいで、なめらかな口どけに、力強い味わいを感じます。

 よくスーパーなんかで売ってるものの中に、血合いの臭みを感じるものがありますが、そんなのも全くないですね。



DSC_9021_R.jpg

 コリコリっとした食感のカンパチは、ちょうど今が旬なので、脂ののりもほど良く甘いです。



IMG_8566_R.jpg

 蒸し物はほぐした毛ガニ。

 トロミのついたお出汁が、甘~い毛ガニの身に絡みついて、風味豊かな味わいになってます。



◆会津中将 純米 1,400円(税別)

IMG_8569_R_20191013065020ace.jpg

 これだけ美味しい和テイストが続くと、ヤッパリ日本酒が恋しくなるでしょ~(*'ェ`)('ェ`*)ネー

 福島県会津若松市にある「鶴乃江酒造 株式会社」が、福島県産米を60%まで磨いて醸した純米酒。

 柑橘を思わせるような香り、軽やかな口当たりから、ほのかな甘さとスッキリとした酸を感じ、ほんの少しの苦みを残して落ちていきます。



IMG_8574_R.jpg

 冷酒の冷たさを持続させるための、真ん丸な氷もオシャレだわ~(o'∀'o)イイ!!



IMG_8589_R.jpg

 再びお寿司に戻って、ウニと車海老。



DSC_9033_R.jpg
 
 プリプリっと弾力ある食感、噛んでいくと上品な甘さと深いコク。

 ほのかな香ばしさは、エビの中でもダントツですね。



DSC_9034_R.jpg

 チョット、チョット、こんなにもギュッと凝縮されたウニって見たことないかも?

 エサに食べている昆布がよっぽど上等なのか、コッテリとした甘さに、潮の風味と言うかエキスと言うか、とにかく海の旨みがぜんぶ詰まったような味わい。

 こんなにも臭みがなく美味しいウニは、なかなかお目にかかれないと思いますよ。



IMG_8603_R.jpg

 松茸とサーモンの小鍋が登場です。



IMG_8602_R.jpg

 ほんの少しだけでも、その芳醇な香りで存在感バツグンの松茸。

 秋はヤッパリこれを食べないとね~ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!



DSC_0012_R_20191013065230dbe.jpg

 マイルドで爽やかなポン酢に、薬味をタップリ入れていただきます。



DSC_0018_R.jpg

 ほっくりとしたサーモン、松茸の風味が美味しさに華を添えてます。

 ん、肝心の松茸の写真は?ですか?

 テンション上がり過ぎて、写真を撮る前にパクッとイッちゃいました…ヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ



IMG_8607_R_2019101306530447f.jpg

 いくらの醤油漬けですね。



DSC_0032_R.jpg

 口の中でプチっと弾けた途端、トロ~と流れ出る旨みのエキス。

 散らされた柚子皮の風味がまた、味わいに奥行きを与えるんです。



IMG_8584_R.jpg

 イクラがお酒を進めるもので、ついついお代わりを…(^_^;)

 本日のおすすめを訊いてみると、ラインナップを持ってきてくれましたよ。



DSC_0040_R.jpg

 この中で、たぶん飲んだことのない尾瀬の雪どけをお願いしました。



◆尾瀬の雪どけ 純米大吟醸

IMG_8619_R_201910130653429b7.jpg

 群馬県館林市にある「龍神酒造 株式会社」が、山田錦100%で醸す純米大吟醸。

 パイナップルのような香り、柔らかな口当たりから、山田錦特有のコクと旨みが広がり、それらをキリっとした酸が包んで落ちていきます。



IMG_8616_R.jpg

 ウナギの箱寿司ですね。



IMG_8624_R.jpg

 枡の中がまるで箱庭のよう…(o'ヮ'o)おぉ♪



DSC_0063_R_201910130654339dd.jpg

 取り出してみるとフワッフワのウナギの下に錦糸たまご、ご飯にはかば焼きのタレ。
 
 これだけ大トロや松茸を食べてってもなお、ウナギを見るとテンション上がっちゃいますね~(*゚∀゚)=3ハァハァ



DSC_0042_R.jpg

 薄切りの大根に、梅肉を和えたカツオをサンド。

 爽やかな梅肉の酸っぱさとカツオの旨み、それに大根のシャキシャキ感が、お酒の良いアテになるんです♪



IMG_8633_R.jpg

 マグロの串カツとホタテの磯部揚げ。

 わぉ!ここにきて揚げ物、しかも串カツ~キタ━(゚∀゚)━!



DSC_0075_R_20191013065512be2.jpg

 サックサクの衣に、ホロホロと崩れるマグロの繊維質。

 ピリッと辛くてサッパリしたソースには出汁が効いてるのかな?

 ボチボチふくれてたお腹にも、スーっと入るほど軽やかですね。



IMG_8638_R.jpg

 ホタテの磯部揚げが見当たらない…

 と思ったら、串カツの下に隠れてました。



DSC_0079_R_2019101306551304d.jpg

 肉厚でシットリとコクのあるホタテの貝柱に、海苔の海の香りがよく合います。



DSC_0080_R_20191013065540a0c.jpg

 かんぴょうの手巻き寿司と玉子。

 甘~いお出汁を含ませたかんぴょう。

 濃いめの味つけが、やゃ甘めの赤酢のシャリとの相性がいい感じ♪

 何も考えないで、パクッとひと口で食べた玉子ですが…

 これがまた、プリンのように甘くてなめらかでビックリ!!

 同行者さんも感激されてましたわ~凄ぃょ!o(≧∀≦)o



IMG_8649_R.jpg

 お口直しの赤だし。

 アオサがタップリ入ってて、最後まで雄大な海の香りを楽しむことができました。



IMG_8657_R_201910130656007d2.jpg

 デザートはタピオカ粉で作ったわらび餅です。

 いま流行りのタピオカを取り入れる、感覚の斬新さがステキ。



 回らないお寿司屋さんは敷居が高いと思い込んでましたけど、コースならある程度の金額が想像つくので安心ですね。

 それにしても、昔ながらの伝統の中に、新しい感覚を取り入れたスタイル。

 寿司割烹ということで、お寿司だけじゃなく、串カツなどの目先を変えてくれる趣向も楽しかった~(*゚∀゚)アヒャ

 帰る時にはカウンターはすべて英語圏の外人さんで埋まっててビックリ。

 ホント、美味しいものに国境はないんですよね。

 ユア ウェルカム♪ って、欧米かっ!!(笑)

 ごちそうさま~(^_-)-☆



◆◆◆メニュー◆◆◆
DSC_8964_R.jpg

DSC_8965_R.jpg

DSC_8966_R.jpg

DSC_8967_R_201910130657304a7.jpg



 本日も読んでいただいてありがとうございました♪

 感想やご意見をコメントにいただけると喜びます…((=゚ェ^=))

 ◆公認ブロガー
 KGB(関西グルメブロガーズ)

 ◆kawachiの美食なB食探訪記
 食べログ(VIP会員)

 ◆ブログには載せないネタも配信中
 インスタグラム

 ◆ぐるなび運営グルメマガジン公式キュレーター
 メシコレ(2017関西アワード1位)



 ◆ぐるなび
寿司割烹 いぶき
寿司割烹 いぶき
ジャンル:道頓堀・宗右衛門町 鮨
アクセス:地下鉄千日前線日本橋駅 徒歩5分
住所:〒539-0000 大阪府大阪市中央区宗右衛門町3-3 CANAL SIDE SOEMONCHO 8F(地図
ネット予約:寿司割烹 いぶきのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび なんば(難波)×寿司
情報掲載日:2019年10月10日


 ◆食べログ


関連ランキング:寿司 | 日本橋駅近鉄日本橋駅大阪難波駅



関連記事
[ 2019/10/13 ] 寿司 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/620-311db616