FC2ブログ

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09






お肉にするか お魚にするか かのう 天王寺店【日本全国のお酒が原価で飲めるなんてステキ過ぎ~♪】


お肉にするか お魚にするか かのう 天王寺店@大阪市阿倍野区阿倍野筋

20190618192639_IMG_6654_R.jpg



 近鉄・南大阪線の大阪阿部野橋駅から徒歩約1分、【お肉にするか お魚にするか かのう 天王寺店】です。

IMG_20190618_184540_R.jpg



 クソ生意気にもグルメブロガーランキングなんてのに参加しています…(笑)

 あなたの応援が励みです!!

 下のバナーを1日1回クリックしてね♪

 
 大阪ランキング

 応援ありがとv(*'-^*)-☆






 ビールは命の水と言い続けて約40年…

 根っからのビール党を自認してますけど、実はビールと同じぐらい日本酒も大好きで…デス(´∀`)ゝ

 なんと言っても生まれて初めてのアルコールは、4歳の時に父親の上司に勧められて飲んだ日本酒でしたから~(笑)

 そんな私のポン酒好きをよく知ってる飲み友が、『日本全国のお酒が原価で飲める店、見つけましたで~』って、アクマのささやき…ヘ(≧∀≦ヘ)オイデオイデ



DSC_1554_R.jpg

 1988(昭和63)年11月25日開業の、地元では「ごちビル」と呼ばれる、新宿ごちそうビルの3階にお店はあります。



IMG_20190618_184759_R.jpg

IMG_20190618_184821_R.jpg

 レイアウト可能なテーブル席で、少人数から宴会まで幅広く対応してもらえそう。



IMG_20190618_184807_R.jpg

 壁に貼られたお酒のラベル。

 こぉゆうのを見るだけでテンションが上がります♪



IMG_20190618_184853_R.jpg

 おぉ~っ!!

 ラベルだけでも上がってたテンションが、これ見たらマックスまで上昇やぁ~ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!



20190618191718_IMG_6638_R.jpg

 システムは二通り。

 380円(税別)のお通しをもらってフツーに飲むか、それとも880円(税別)払って日本全国のお酒を原価で飲むか…?

 その場合、お通しはナシで、2時間(L.O.90分)の時間制限制になるんです。

 もちろん、アホほどお酒を飲みたい私たちは、迷うことなく880円の方で~♪

 日本酒が原価で飲めるシステムなんて初めて~*゚。+(n´v`n)+。゚* ニィ-



◆誘一献 純米 180円(税別)

20190618191742_IMG_6641_R.jpg

 島根県出雲市にある「株式会社 酒持田本店」が、島根県産の五百万石を醸して造る特別純米酒。

 蔵元のサイトはコチラ⇒株式会社 酒持田本店



DSC_1576_R.jpg

 いただきます。



◆燻製玉子のポテトサラダ 780円(税別)

20190618192759_IMG_6664_R.jpg

 燻製された玉子の香ばしさが、角切りベーコンがタップリのポテサラを、えぇ感じに香ばしくしています。

 極細のポテトフライがまたカリカリで美味しい~♪

 これ、家でもたま~に作るんですけど、マッチ棒ぐらいに切ると火が通りやすくて、家庭コンロの火力でもパリパリになるんですよ。



◆自家製燻製盛り合わせ 680円(税別)

20190618192257_IMG_6645_R.jpg

 チーズ、ベーコン、玉子、それに変わったとこでシシャモ。

 日本酒と燻製ってけっこう合うんですよね。



◆守破離 純米 五百万石 160円(税別)

20190618193648_IMG_6681_R.jpg

 京都市伏見区にある「松本酒造 株式会社」が、富山県城端地区南砺市産の五百万石を醸して造る純米酒。

 蔵元のサイトはコチラ⇒松本酒造 株式会社



◆さいぼし 680円(税別)

20190618200501_IMG_6695_R.jpg

 馬肉の燻製ですね。

 「竿干し」や「裂き干し」が語源とされてます。

 ほとんど生に近い状態のものから、ガッチガッチになるまで乾燥させたものまで色いろですが、コチラのはシットリ感を残してて、ちょうど食べやすい感じ。



◆造り盛り合わせ(一人前) 1,480円(税別)×三人前

20190618192729_IMG_6663_R.jpg

 おぉ~!!なんとも豪華な盛りつけですね~

 キタ──ヽ('∀')ノ──!!

 カツオのタタキ、サザエ、甘海老、イカ、中トロ、鯛、サーモン、カンパチ、縞あじ、ウニの10種盛り。

 これだけの種類が食べられて一人前1,480円はお得だわ。

 少食の方なら、これだけでも結構お腹ふくれちゃうんじゃないかな?



◆飛露喜 純米大吟醸 490円(税別)

20190618194821_IMG_6688_R.jpg

 イキの良いお刺身がアテなら、ヤッパリ純米大吟醸が飲みたくなる♪

 福島県河沼郡にある「合資会社 廣木酒造本店」が、山田錦を醸して造っています。

 通常だと1,080円、それが原価だと480円って、このお酒だけで600円も得になるんですから、880円を払う価値は十分にありますね~



◆お肉屋さんのコロッケ 580円(税別)

20190618193033_IMG_6670_R.jpg

 刺し身で魚の美味しさを堪能したら、肉っけ&揚げモンが欲しくなった…(笑)

 さすがは肉屋の…とついてるだけあって、噛めば甘い肉汁がジュワ~なひき肉がタップリ。

 ホクホクしたジャガイモの甘さで、何もつけなくても十分に美味しいです。



◆北海道エルバソ牧場直送 どろ豚の炙り焼き 880円(税別)

20190618204108_IMG_6737_R.jpg

 十勝の広大な大地に放牧され、よく食べ・よく遊び・よく寝ながら、のびのびと育てられたイギリス原産のケンボロー種。

 通常の豚は6ヶ月肥育(約120kg)で出荷されるところを、どろ豚は2ヶ月長い8ヶ月、170~180kgまで育ててから出荷するんだとか。

 自然放牧でドングリや草の根を食べる事で、旨み成分の素と言われているオレイン酸が、一般の豚と比べて45%以上という高い数値を維持するんだそうです。

 オレイン酸をタップリ含んだその肉質は、舌触りがなめらかで脂が甘く、肉自体にとても深い香りが感じられますね。



◆ザ・モルツ 580円(税別)

20190618205408_IMG_6749_R.jpg

 お肉が続いたんで、命の水をはさんどきます。



◆新玉ねぎと地鶏のグラタン 680円(税別)

20190618201342_IMG_6699_R.jpg

 トロ~っとなめらかなホワイトソース。

 ジックリと火を通した新玉ねぎの甘さが広がります。



20190618201657_IMG_6711_R.jpg

 表面のチーズが伸びること、伸びること。

 シッカリした歯ごたえの地鶏、新玉ねぎの甘み、ホワイトソースのコク、これは女性もだけど男でも好きな味だわ。



◆陸奥八仙 純米吟醸火入れ 210円(税別)

20190618202032_IMG_6712_R.jpg

 青森県八戸市にある「八戸酒造 株式会社」が、青森県産の華吹雪を丁寧に磨き、低温でしっかり発酵させた純米吟醸酒。

 蔵元のサイトはコチラ⇒八戸酒造 株式会社



◆北海道産コーンと枝豆のかき揚げ 480円(税別)

20190618201440_IMG_6704_R.jpg

 コーンの甘さに、揚げるとこんな感じになるのか的な、良い意味での枝豆の青い風味。

 お塩をちょこっとつけると、素材の甘さがより引き出されるのと同時に、味がギュッと引き締まって輪郭がハッキリしますね。



◆ハモの唐揚げ夏野菜あんかけ 680円(税別)

20190618203514_IMG_6720_R.jpg

 サクふわなハモに、お出汁の効いた餡、アスパラ、オクラ、パプリカなどの野菜の旨み。

 見た目にもカラフルで夏らしい一品になってます。



◆赤武 F 140円(税別)

20190618200144_IMG_6689_R.jpg

 岩手県盛岡市にある「赤武酒造 株式会社」が、岩手県産米を醸して造る吟醸酒。

 “あなたのために”という意味の、「For you」を略して「F」と名づけたんだそう。

 蔵元のサイトはコチラ⇒赤武酒造 株式会社



◆国産黒毛和牛炙り肉寿司五貫盛り 1,680円(税別)

20190618203656_IMG_6724_R.jpg

 ボチボチ〆の炭水化物祭りイキますか…(笑)

 旨い酒を堪能した後は、チョット奮発してでも後悔のないように美味しく〆たいですよね。

 んで、頼んだ黒毛和牛の炙り肉寿司。

 これがホント大正解~(*≧ 3≦)pキャー



20190618204413_IMG_6748_R.jpg

 あふれる肉汁でツヤッツヤのシズル感。

 お塩をつけてパクッとひと口で…

 さすがサーロインだけあって、とろけるような柔らかさ、そして肉の旨みと米の包容力。

 これはゼッタイ食べるべきだと思います。



◆石焼きウナギチャーハン 880円(税別)

20190618210755_IMG_6753_R.jpg

 熱々に熱せられた器にウナギのチャーハン、真ん中には温泉たまごがのってます。

 熱いうちによぉ~くかき混ぜて…

 漂ってくる香りだけで美味しいの決定~凄ぃょ!o(≧∀≦)o



20190618210927_IMG_6761_R.jpg

 シットリとしていて、チャーハンと言うよりは、どちらかと言うとピビンバって感じかな。

 でもコレが何とも言えず美味しいんです♪

 さっきの肉寿司もですけど、コレもメチャクチャ美味しくて、〆るのが名残惜しくなってしまいますわ…(^▽^;)



◆焼きウニぎり 480円(税別)

20190618211633_IMG_6764_R.jpg

 なもんで、〆三連発…(笑)

 焦げた醤油の香ばしさの中に、ウニの甘い風味が香ります。

 三人でチョットずつ分けましたけど、醤油にもウニを溶いてるのか、どこを食べてもウニのコク。

 添えられてた壬生菜の漬け物が美味しすぎて、再び日本酒を頼みたくなってヤバかった~ヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ



 料理の種類も豊富で、お肉にするかお魚にするか、メニューを見ているだけでも楽しいし、何よりも大阪に居ながらにして、日本全国47都道府県のお酒が飲めるのがイイですね。

 しかも、880円を払うだけで原価で飲めるなんて、日本酒好きにはホントたまらないお店ですよ。

 季節によってお酒のラインナップが変わるのか、また寒くなった頃にうかだってみたいと思います。

 ごちそうさま~(^_-)-☆



◆◆◆メニュー◆◆◆

 メニュー写真はコチラ⇒お肉にするか お魚にするか かのう 天王寺店のメニュー



 本日も駄ブログをお読みいただいてありがとうございました♪

 感想やご意見をコメントにいただけると喜びます…((=゚ェ^=))

 ◆公認ブロガー
 KGB(関西グルメブロガーズ)

 ◆kawachiの美食なB食探訪記
 食べログ(VIP会員)

 ◆ブログには載せないネタも配信中
 インスタグラム

 ◆ぐるなび運営グルメマガジン公式キュレーター
 メシコレ(2017関西アワード1位)



 ◆ぐるなび
お肉にするか お魚にするか かのう 天王寺店
お肉にするか お魚にするか かのう 天王寺店
ジャンル:天王寺 肉と魚と日本酒
アクセス:JR天王寺駅 南口 徒歩2分
住所:〒545-0052 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-61 新宿ごちそうビル3F(地図
姉妹店:夜景 チーズとお肉のソラバル 梅田店
ネット予約:お肉にするか お魚にするか かのう 天王寺店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 天王寺・阿倍野×居酒屋
情報掲載日:2019年7月6日


 ◆食べログ


関連ランキング:居酒屋 | 大阪阿部野橋駅天王寺駅天王寺駅前駅



関連記事
[ 2019/07/06 ] 居酒屋 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/559-6df5a91a