fc2ブログ

2024 0112345678910111213141516171819202122232425262728292024 03




食笑酒場 炭火でPON【ふっくらジューシーな焼鳥で日本全国の旨し酒めぐり~♪】


食笑酒場 炭火でPON@大阪市北区野崎町

20190203195059_IMG_2109_R.jpg



 大阪メトロ・堺筋線の南森町&扇町駅から徒歩約9分。

 野崎公園の近く、扇町通に面するトレックノース梅田ビル1階に、【食笑酒場 炭火でPON】があります。

IMG_20190203_184424_R.jpg



 ランキングに参加しています!

 下のバナーをクリックして応援してくださいませ…お願いm(。´・_・`。)m


大阪ランキング




 ブログを書くようになって、色んなグルメな方と知り合う機会が増え、その中でも特に仲良くなる人もいて…

 そぉなると嬉しいのが、私のぜんぜん知らなかった美味しいお店の情報をもらえたり、グルメな食事会に誘っていただいたり…v(o゚∀゚o)v

 今年も年明けから色んな新年会に声をかけてもらい、アチコチに顔を出させてもらったんですけど、その内の一軒がコチラ♪

 場所的に最寄り駅は南森町や扇町ですけど、よく行く天神橋筋商店街や天満界隈とは逆方向なので、自分ではなかなか知り得ることが無かったかも?なお店…(〃▽〃)



IMG_20190203_184533_R.jpg

 備長炭だけでもテンション上がるのに、47都道府県のお酒だなんて…

 どこまで酒飲みを喜ばせるつもり~(*゚∀゚)=3ハァハァ



IMG_20190203_215500_R.jpg

 紀伊国(現在の和歌山県)田辺の商人「備中屋長左衛門(びっちゅうや ちょうざえもん)」が、姥目樫(ウバメガシ)を材料に作って販売を始めたことから、その名がついた備長炭。

 炭素以外の木質由来の油やガス等の可燃成分の含有量が少なく、雑味の原因となる炎や燻煙も出難いので、炭火焼をウリにする料理屋で特に重宝されてますよね。

 最近は偽物も多く出回っているため、和歌山県産の備長炭は“紀州備長炭”と呼んで区別しているそうですよ。



IMG_20190203_184652_R.jpg

 雨の日曜日で時間帯もまだ早かったので、客がまばらなうちに店内の写真を撮らせてもらいましょう。

 広いフロアに4人テーブルが8卓、入り口スグのところにも8人テーブルが1卓あり、私たち6人はそのテーブルに案内してもらいました。



IMG_20190203_184703_R.jpg

 一番奥にはスクリーンで仕切られた個室っぽい席。



IMG_20190203_184718_R.jpg

 カウンターは6人並びと、離れたところに2人並び。

 恋人と二人だけの世界に浸りたい時なんかにイイ感じ~

 ・:*:・:(*v_v)人(u_u*):・:*:・



IMG_20190203_184727_R.jpg

 冷蔵庫には日本酒がワインのように並べられています。

 日本全国からお酒を取り寄せてるんですって!!

 こんなの見たら、酒飲みのスイッチが「強」に入ってしまいますやん…(笑)



20190203190126_IMG_2058_R.jpg

 焼鳥と言えば山椒が付き物ですよね。

 赤穂四十七士の一人「原惣右衛門元辰」の子、「原儀佐衛門道喜」が剃髪して「了郭」と名乗り、1703(元禄16)年に京都の祇園で創業した、「原了郭」のものが使われています。

 香りと辛さが清冽な粉山椒に、鼻に抜けるような豊かな香りとピリッとした辛さの黒七味。

 いずれも焼鳥の味を引き立てる名わき役です。



◆アサヒスーパードライ生 550円(税別)

20190203191218_IMG_2062_R.jpg

 おぉ~っ!! 銅製のグラスがカッコイイですね~v(o゚∀゚o)v



IMG_20190203_190746_R.jpg

 いただきます。



20190203191725_IMG_2066_R.jpg

 まずはお通しの提供…って、えぇ~っ!?

 これがお通しなんですか~∑(*゚ェ゚*)エッ



◆お通し 380円(税別)

20190203191832_IMG_2069_R.jpg

 間違いないみたいです。

 皮目がパリッと香ばしく焼けた手羽先がお通しだなんて、この時点でテンションMax~∑d(゚∀゚d)ォゥィェ!!



◆生つくね~キンカン ウニのせ~ 980円(税別)

20190203194152_IMG_2096_R.jpg

 まずは、メニューを見て瞬間的に目が釘付けになったコレ。

 生のつくねにキンカン、それだけでもネットリ濃厚なのに、そこに持ってきて豪勢にウニまで~ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪



20190203194258_IMG_2099_R.jpg

 ひと口でパクッ…

 パリッとした韓国海苔のゴマ油の風味、生つくねの甘さ、キンカンとウニの濃厚でまったりとした旨み。

 いや、もう口の中がカーニバルですよ、コレは…(*゚∀゚)=3ハァハァ



◆鶏のお造り(8種盛り合わせ) 1,480円(税別)

20190203193228_IMG_2081_R.jpg

 ズリ、セセリ、つなぎ、肝、こころ、ササミ、ももタタキ、ムネの盛り合わせ。



20190203193306_IMG_2087_R.jpg

 ネットリと甘いキモ、臭みなんて全くないです。

 シコシコの食感が楽しいズリに、ムニュっとした歯ごたえから旨みがあふれるハート。

 どれもこれも、その歯ざわりの良さから、新鮮なのがよく分かります。



20190203193314_IMG_2089_R.jpg

 鶏の首の筋肉であるセセリは、よく動かす部分だけあって、締まったその身はとてもジューシー。

 鶏の心臓と肝臓をつないでいる大動脈の部分“つなぎ”は、これまで食べた記憶がないぐらいの稀少部位。

 コリコリっとした食感で、脂のノリがほど良くて美味しい。

 サッパリしたササミと、モッチリと舌に絡みつくムネ肉も、クセがなく食べやすいですね。



20190203193320_IMG_2090_R.jpg

 表面を香ばしく炙ったモモ肉は、モチモチとした噛みごたえからの、あふれてくる鶏の旨みがハンパない。

 いや、ホント、生のままでこれだけ美味しい鶏肉、火を通した時の味わいの変化が楽しみで仕方ないです♪



◆ムネ肉うすづくり 780円(税別)

20190203195046_IMG_2107_R.jpg

 お店の方が『造りの盛り合わせと同じぐらい映えますよ♪』と、オススメしてくれたムネ肉の薄造り。

 ブロガーは映(ば)え命ですから…(笑)

 確かにフグのてっさのように、お皿の模様が透き通るぐらい、薄く削ぎ切りにしてあってキレイですね~凄ぃょ!o(≧∀≦)o



20190203195117_IMG_2111_R.jpg

 ネギやモミジおろしと一緒に…

 モッチモチの歯ごたえと、力強い鶏の旨みがタマリマセンわ~(o'∀'o)イイ!!



◆ポテサラ 580円(税別)

20190203192300_IMG_2073_R.jpg

 酒飲み定番のアテとい言えばポテサラ…ですけど…

 何ですかコレは…(o゚-゚o)ン?

 蒸かしたジャガイモに、ゆで卵にさらし玉ねぎ、それに鶏そぼろですかね?



20190203192330_IMG_2075_R.jpg

 訝しがる私たちを尻目に、店員さんがワッシャ!ワッシャ!とかき混ぜると…



20190203192541_IMG_2077_R.jpg

 おぉ~♪ なんとコレがポテサラになるんですね~(p゚∀゚q)おぉ♪

 熱々のジャガイモにマヨネーズがよくなじんで、所々で感じる鶏そぼろのプニュっとした旨みが絶妙です。



IMG_20190203_185139_R.jpg

 キンキンに冷えた銅製ジョッキで飲むビールも美味しいけど…

 もぉ、ダメだ…

 炭火でPONだし、ポン酒飲まないことにはね…(笑)

 ちなみに店名の「PON」の意味は、Property of Nipponの略だそうで、Propertyはコンピューター用語のプロパティじゃなく、財産や資産を意味する方なので、要するに日本の財産=日本酒ってことらしいです。

 単純に日本酒=ポン酒のPONかと思った…(笑)



IMG_20190203_185210_R.jpg

 北は北海道から南は沖縄まで、47都道府県のお酒をすべてコンプリートしてるそうです。

 そりゃ、飲みたくなるよね~(〃艸〃)ムフッ



◆愛知 義侠 はるか 純米酒 580円(税別)

20190203195342_IMG_2114_R.jpg

 愛知県愛西市にある「山忠本家酒造 株式会社」が、兵庫県東条地区産の特A山田錦を醸して造る純米酒。

 「正義を重んじて、強い者をくじき、弱い者を助ける」

 義侠って名前が気に入ってお願いしてみました…ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!!



◆長野 こんな夜に 山女 純米吟醸 580円(税別)

20190203200406_IMG_2119_R.jpg

 長野県伊那市にある「株式会社 仙醸」が、信州産の美山錦を醸して造る無濾過中取り生もの純米吟醸酒。

 蔵の公式サイトはコチラ⇒株式会社 仙醸



◆せせり(一本) 220円(税別)

20190203200506_IMG_2121_R.jpg

 生モノをひと通り食べたあとは、焼き鳥を焼いてもらいましょかね。

 まずは首のまわりの部位“せせり”から。

 よく動かす部分なので身がギュッと締まっててプリプリ。

 脂もシッカリ乗っていてジューシーで、噛めば噛むほど深い味わいです。



◆ふりそで(一本) 240円(税別)

20190203201152_IMG_2126_R.jpg

 “ふりそで”は鶏の手羽元とむね肉の間にある、一羽から少ししか取れない希少部位ですね。

 肩小肉とも呼ばれ、コチラも“せせり”同様よく動かす部分なので、ジューシーさの中に鶏の旨みをシッカリと感じられます。



◆ソリレス(一本) 260円(税別)

20190203201259_IMG_2127_R.jpg

 モモの一部で、骨盤のくぼみに隠れている小さな部位“ソリレス”は、馬鹿者はそれを残すというフランス語、「Le Sot l’Y Laisse」が語源だそうですよ。

 ブリンブリンの弾力からあふれる、甘くて香ばしい肉汁がメチャクチャ美味しい~(´゚∀゚`)キタコレ



◆広島 夜の帝王 特別純米 580円(税別)

20190203201958_IMG_2130_R.jpg

 広島県竹原市にある「藤井酒造 株式会社」が、広島県の酒造好適米である八反錦を醸して造る特別純米酒。

 蔵の公式サイトはコチラ⇒藤井酒造 株式会社

 義侠→こんな夜に…と、きたら、ヤッパリ夜の帝王でしょ~ココは…ナンノコッチャ(笑)



◆丸ズリ(一本) 240円(税別)

20190203202053_IMG_2133_R.jpg

 砂ズリは知ってるけど、丸ズリって聞いたことがないから、どう違うのか訊きたいな~

 って、思いながら、スッカリ忘れてました…お酒の力ってコワイわ~(笑)

 でもコリコリした食感は砂ズリと同じでした。



◆ねぎま(一本) 260円(税別)

20190203202510_IMG_2137_R.jpg

 モモ肉とモモ肉の間にネギをはさんだ“ねぎま”は、元々はネギとマグロだったんですよね。

 それが段々とマグロが高価になってきて、鶏肉を代用するようになった後も、名前だけはそのまま残ったんだそうですよ。



◆骨わさび 580円(税別)

20190203202839_IMG_2140_R.jpg

 ヤゲン軟骨を細かく切って、甘露醤油や味醂、茎ワサビなどと和えたもの。

 コリコリした軟骨の食感に、茎ワサビが鼻に抜けるぐらい効いてて、お酒のアテにメチャ合います。



◆ヤゲン(一本) 220円(税別)

20190203203205_IMG_2143_R.jpg

 漢方薬の原料となる生薬を細かくすり潰すための道具、「薬研(やげん)」に形状が似ている“ヤゲン”は、コリコリした食感がイイんです。



◆長崎 六十餘州 純米酒 山田錦 580円(税別)

20190203203758_IMG_2145_R.jpg

 長崎県東彼杵郡にある「今里酒造 株式会社」が、山田錦を醸して造る純米酒。

 蔵の公式サイトはコチラ⇒今里酒造 株式会社



◆ちょうちん(一本) 260円(税別)

20190203204332_IMG_2148_R.jpg

 卵巣の中で卵の形になる前の卵黄を「キンカン」、その「キンカン」が産卵のために通る輸卵管を「ヒモ」と呼び、その二つがつながった状態で提供するのが“ちょうちん”です。

 トロっと濃厚なキンカンと、ムニュムニュとしたホルモンのような食感のヒモ。

 まさに珍味ですね~♪



◆チキンナンバン 780円(税別)

20190203205345_IMG_2152_R.jpg

 タルタルがこれでもか!ってぐらいタップリで、チキンが見えないぐらい…(^▽^;)

 でも、このタルタルが卵の味が濃くて、メッチャ良い感じなんです♪

 甘辛ダレに潜らせたチキンも、サクサク感が残ってて美味しかったな~



◆熊本 花の香 純米大吟醸 580円(税別)

20190203205724_IMG_2155_R.jpg

 熊本県玉名郡にある「花の香酒造 株式会社」が、山田錦を50%まで磨いて手造りで丁寧に仕込んだ純米大吟醸です。

 蔵の公式サイトはコチラ⇒花の香酒造 株式会社



◆蘭王たまごのだしまき 580円(税別)

20190203210514_IMG_2156_R.jpg

 大分県が誇るブランド卵、“蘭王たまご”で作られた出汁巻き玉子。

 親鳥に赤色パプリカなどを与えているそうで、黄身の色が実に鮮やかですね。

 ふんわり柔らかくて、またまたお酒がススんでしまう~(笑)



◆東京 蒼天 純米吟醸 580円(税別)

20190203211228_IMG_2159_R.jpg

 東京都青梅市にある「小澤酒造 株式会社」が、香りと旨みを封じ込めるため、瓶詰め後に加熱殺菌(パストライザー)を行って造る純米吟醸酒。

 蔵の公式サイトはコチラ⇒小澤酒造 株式会社



◆愛媛 石鎚 純米吟醸 緑ラベル 槽搾り 580円(税別)

20190203213356_IMG_2163_R.jpg

 愛媛県西条市にある「石鎚酒造 株式会社」が、兵庫県産の山田錦と愛媛県産の松山三井を醸して造る純米吟醸酒。

 蔵の公式サイトはコチラ⇒石鎚酒造 株式会社



◆親子丼 780円(税別)

20190203213607_IMG_2170_R.jpg

 ボチボチお腹も満たされたので〆ましょか。

 鶏肉が旨い上に、卵まで美味しいとなると、必然的に親子丼は食べとかないと…(*´v`)

 柔らかいけど歯ごたえが良い鶏肉の旨みに、負けないぐらいコクのある蘭王たまごの組み合わせ。

 いや、この親子丼だけでも食べに来たいぐらい美味しいな~♪



◆鶏スープ 380円(税別)

20190203213725_IMG_2172_R.jpg

 鶏の旨みがすべて凝縮されたような、濃厚でいて、それなのにグイグイ飲みやすい極上のスープ。

 このスープでラーメンを作ったら、さぞかし美味しいラーメンが出来るやろなぁ~



 と、思ってたらありました…(笑)

◆白湯ラーメン 980円(税別)

20190203213434_IMG_2166_R.jpg

 絶品の鶏スープに豚まで加えた、まさに旨みとコクがギューっと詰まった、専門店も顔負けレベルのラーメン。

 柔らかい鶏チャーシューに、蘭王たまごのトロトロ煮卵。

 うーん…親子丼と言い、このラーメンと言い、飲みの〆には勿体ないぐらい、完成度が高くて美味しかった~ヽ(≧∀≦)ノ



IMG_20190203_215545_R.jpg

 帰りしなにアメちゃんまでもらっちゃった~ヽ( ・▽・ )ノ ラァーン♪



 場所が場所なだけに頑張らなきゃって気合いが、料理のクオリティーの高さやコスパの良さだけじゃなく、店員さんたちの態度にまでシッカリ現れていて、とても気持ちよく飲んで食べられるお店でした。

 紀州備長炭で焼く焼鳥はふっくらジューシーに仕上がってましたし、日本全国のお酒を飲み比べられるのも、酒飲みにはホント楽しかった~ルン♪ ((o'∀'o)) ルン♪

 今回お酒は愛知県、長野県、広島県、長崎県、熊本県、東京都、愛媛県と、1都6県だけに終わったので、残りの1道2府37県を制覇するためにも、これからも通い続けないとな~(^_-)-☆

 ごちそうさまでした。



◆◆◆メニュー◆◆◆
IMG_20190203_184901_R.jpg

IMG_20190203_184915_R.jpg

IMG_20190203_184929_R.jpg

IMG_20190203_184945_R.jpg

IMG_20190203_184958_R.jpg

IMG_20190203_185012_R.jpg

IMG_20190203_185028_R.jpg

IMG_20190203_185040_R.jpg

IMG_20190203_185119_R.jpg

 

 本日も駄ブログをお読みいただいてありがとうございました♪

 感想やご意見をコメントにいただけると喜びます…((=゚ェ^=))

◆関西グルメブロガーズ←関西の著名ブロガーがオススメのお店を検索できるサイトです♪

◆メシコレ←ぐるなび運営の食通の厳選グルメマガジンです♪

◆食べログ←いいね&フォローお願いします。

◆インスタグラム←こちらもいいね&フォローお願いします。



◆ぐるなび
食笑酒場 炭火でPON
食笑酒場 炭火でPON
ジャンル:47都道府県の日本酒
アクセス:地下鉄堺筋線扇町駅 徒歩8分
住所:〒530-0055 大阪府大阪市北区野崎町6-8 トレックノース梅田ビル1F(地図
ネット予約:食笑酒場 炭火でPONのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 東梅田・お初天神・太融寺×居酒屋
情報掲載日:2019年1月20日


◆食べログ


関連ランキング:居酒屋 | 南森町駅扇町駅東梅田駅



関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/460-6e16fc0f