2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11





三田製麺所 阿倍野店【つけ麺】大阪市阿倍野区阿倍野筋

 通天閣のお膝元、天王寺は、キタやミナミと並ぶ大阪の繁華街だ。

 隣接している阿倍野は、一説によると映画“陰陽師”で有名な、安倍晴明の生誕地なんだとか。

 その証拠かどうかは分からないが、安倍晴明神社というのもある。

 そして天王寺と言えば路面電車、いわゆるチンチン電車を思い浮かべる。

 1900(明治33)年に最初は馬車鉄道として営業を開始したのを、10年後の1910(明治43)年に電化に切り替えたのだとか。

 堺市の浜寺駅前から大和川を渡り、住吉大社の前を通って天王寺駅前までの総延長13.9km、普通の電車なら20分ほどの道のりを、約45分かけてのんびり運んでくれる情緒ある交通機関だ。

 その天王寺駅前停留所の近くに【三田製麺所 阿倍野店】はある。

IMG_20150915_110636_R.jpg
 東京都港区の三田に本店があり、国内に19店舗、香港や台湾なんかにも5店舗をチェーン展開している人気店だそうだ。

 つけ麺の専門店で、ラーメンなんかは置いていない。

IMG_20150915_110817_R.jpg

 あつもりか…温かいのに越したことはないが、うどんでも蕎麦でも冷たい麺の、キュッと締まったコシを楽しみたいタイプ。

リサイズ_R

 つけ麺しかやってないのに、トッピングやら一品やらでメニューのページ数が多い…(汗)

リサイズ-001_R

 辛つけ麺もいきたいところだけど、初めてのお店だし、ヤッパリ普通のつけ麺にした。

 麺の量は並(200g)、中(300g)、大(400g)、どれでも料金が変わらないので、大でお願いしておいた。

 では、いただきます。

【オッサン’s セレクション】
 つけ麺(大) 730円

IMG_20150915_112024_R.jpg

 見た目からドロっと濃厚なつけ汁。

 表面には魚粉をのせた海苔が、笹舟のように浮かんでいる。

 中にはサイコロ状のチャーシュー、メンマ、ネギなんかが沈んでた。

IMG_20150915_112048_R.jpg

 うどんか?と思うぐらい極太のストレート麺。

IMG_20150915_112058_R.jpg

 キレイな艶をしている。

 所々に見える粒々は全粒粉かな?

 小麦の風味もシッカリしている。

IMG_20150915_112103_R.jpg

 浮こうとする麺を箸で沈めるように、ドロドロのつけ汁の中に浸けて引き上げる。

 魚介系とんこつのよく有りがちなつけ汁だけど、けっこう酸味が強くて、ほのかにピリ辛さも感じた。

 魚粉の効果で、豚骨よりも魚介の風味の方が勝っている。

IMG_20150915_112432_R.jpg

 とにかく濃厚なつけ汁が、極太麺によく絡むので、食べ終わるとつけ汁はほとんど残らない。

IMG_20150915_112755_R.jpg

 それでもスープ割りは遠慮なしにお願いした…(笑)

IMG_20150915_112858_R.jpg

 魚介系とんこつスープのつけ麺は、最近では目新しさは感じなくなってきたが、大盛り無料サービスってのはヤッパリありがたいな~♪

 ごちそうさまでした。

IMG_20150915_112945_R.jpg


◆ぐるなび
三田製麺所 阿倍野店
ジャンル:つけ麺
アクセス:近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅南口 徒歩1分
住所:〒545-0052 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-3-20 木村ビルB1F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 天王寺・阿倍野×つけ麺
情報掲載日:2016年3月6日

◆食べログ


関連ランキング:つけ麺 | 天王寺駅前駅大阪阿部野橋駅天王寺駅



関連記事
[ 2016/03/06 ] つけ麺 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/34-ae8ac4fd