FC2ブログ

2018 081234567891011121314151617181920212223242526272829302018 10






朝引き但馬鶏の生つくねとレア天ぷらがメッチャ旨い~♪


炭焼き・幸@大阪市中央区東心斎橋

 地下鉄・堺筋線の長堀橋駅から徒歩約3分。

 堺筋の南郵便局前交差点の、ひとつ南の筋を西にチョット入った所、南警察署の斜め向かいに、【炭焼き・幸】があります。


IMG_7425_R.jpg


 ランキングに参加しています!

 下のバナーをクリックして応援してくださいませ…お願いm(。´・_・`。)m


大阪ランキング


 炭焼き・幸と書いて“さち”じゃなく、“さいわい”と読むんです。

 2017(平成29)年11月1日オープンのまだ新しいお店ですけど、毎日仕入れる朝引き但馬鶏を使った、店主オリジナルの創作料理が美味しいと、にわかに評判になってるみたいなんですよね♪

 いつも何かとお世話になってるグルメな方から、遅めの新年会を…と声をかけていただきました~ヽ(^◇^*)/

 待ち合わせの15分前に到着すると、店はまだ開店前の準備中…ハヤスギタ…(笑)

 18時になって灯りが灯るのを待って、一番客で入店です…( ゚▽゚)/コンバンハ

 とても気さくな店主さんに迎えられ、店内の写真も良いですよ~と快く♪

 入ってスグ右に4人テーブル、左にはチョット隠れ基地っぽくなった5人ボックス席。

 奥に厨房に向かい合ったカウンターが6席の計15席のキャパ。

 流れるジャズのリズムが大人な雰囲気を醸しだしてますね♪

IMG_7434_R.jpg

IMG_7438_R.jpg

IMG_7436_R.jpg



 テーブル席のところに何か書いてある?

 って、字ぃ~小ッチャ…プーッ!(*≧m≦)=3

 店主さんにツッコんでみると、他のお客さんも一様に興味を持ってくれて、その後で注文につながるので、販促効果は結構あるんですって♪

IMG_7437_R.jpg



 メニューは旬の素材を使うため、月替わりになるそうで、2月のラインナップはこんな感じになってます。 

IMG_7444_R.jpg

IMG_7448_R.jpg



 それぞれのお客さんの好みに応じたコースも、飲み放題つきで4,000円から用意されてます。

IMG_20180202_210143_R.jpg



 ドリンクはコースの値段によって、OKのとNGのとがあるので、店主さんに確認してくださいね。

IMG_7443_R.jpg



 私たちはすべてのドリンクが楽しめる、4,500円のコースでお願いしました。



生ビール

IMG_7449_R.jpg

 始まりはいつも雨…じゃなくて、命の水…(笑)

 同行者さんは赤ワイン。



DSC_0162_R.jpg

 いただきます。



つくねと菜の花のポン酢和え

IMG_7454_R.jpg

 前菜はつくねと菜の花のポン酢和えですね。

 後でまた出てきますけど、コチラ名物の生つくねを出汁で煮て提供されるんだとか。

 ふわふっわで口の中でほどけていくような食感の中に、ナンコツのコリコリ感と、白ネギのシャキッとした歯ざわりが良いアクセント♪

 噛みしめると旨みがジワーっと広がります。

 お店で合わせたオリジナルのポン酢がまた美味しくて、一滴残らず飲み干してしまいましたわ…ヽ(*^^*)ノ



ムネ肉とトマトの和風サラダ

IMG_7456_R.jpg

 ワオッ!! ムネ肉のお造りがイッパイ~(*'▽'*)

 舌に吸いつきそうなぐらい、ネットリとキメ細やかな肉質。

 ムネ肉だけを食べてもヨシ、レタスやトマトと一緒に食べると更にヨシ♪

 かつお節ときざみ海苔が何げにえぇ仕事してますわ~(*´∇`*)



生ビール

IMG_7459_R.jpg

 お代わりください…(=^~^)o∀ウィー



生つくね

IMG_7462_R.jpg

 でましたっ!? 朝引きの新鮮な鶏を毎日仕入れてるからこそ出来る生つくね。

 ちなみに但馬鶏って、オスのホワイトコーニッシュと、メスのホワイトプリマスロックと言う、ふたつの品種を掛け合わせて生まれたオスの鶏だけを、但馬の大自然の中で伸び伸びと、他の若鳥よりも長い期間飼養された鶏なんですって。



IMG_7469_R.jpg

 シットリしたつくねを海苔で巻き、ワサビや梅肉を添えていただきます。

 前菜で出てきたのも美味しかったけど、生のネットリした感じはまた、火を通したものとは違う美味しさがありますね~♪



日本酒

IMG_7483_R.jpg

 生つくねには絶対ポン酒の方が合うはず…うんうん!(^-^)

 お酒は菰樽の白鹿。

 燗でも冷やでもイケるので、燗につけてもらいました。



IMG_7470_R.jpg

 自分好みのおちょこを選べるのってホント嬉しいですわ~v(*'-^*)bぶいっ♪



鴨だしの湯豆腐

IMG_7475_R.jpg

 ムネ肉のしゃぶしゃぶが一番人気だそうですけど、この日は京鴨の良いのが入ったとのことで…

 わぁいヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノわぁい



IMG_7477_R.jpg

 白菜とキャベツと芽キャベツ、柚子こしょうが添えられています。



IMG_7478_R.jpg

 京都府宇治市にある「山城農産株式会社」が、合鴨のチェリバレー種を、孵化から育成と精肉までの全てを、自社生産しているブランド鴨が京鴨です。

 長期飼養されたことで、肉にコクと深みが増し、歯ごたえも硬すぎず柔らかすぎず、適度な噛みごたえがあって美味しいですね~ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ



IMG_7479_R.jpg

 鴨を食べるのに夢中になりすぎて、コンロの火加減が…(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

 野菜をベースにした出汁に、鴨の皮から出るコクと旨みが、ものすごい深い味わいになってまして、同行者さんも絶賛されていました♪

 とうぜん、具を平らげたあとは、美味しいスープを余すことなく飲み干しましたよ…o(*^▽^*)o~♪



生レモンサワー

IMG_7488_R.jpg

 私の愛読書「Meets」にも掲載されたことがあるそうです。

 クセのない麦焼酎ベースで、生レモンの爽やかな酸味がイイですね~♪



ささみのレア天

IMG_7492_R.jpg

 コレも朝引きだからこそ出来る、レアな状態で食べられる天ぷらですね。

 添えられた抹茶塩をつけていただきます。



IMG_7497_R.jpg

 メチャメチャ柔らかでシットリした食感と、衣のサクサク食感とのコントラストがイイ感じ♪

 火が通っている部分と、レアな部分の味わいの違いがまた美味しくて、これホント絶品だと思いますよ~ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ



角ハイボール

IMG_7499_R.jpg

 今日はビール一辺倒じゃなくて、色いろと飲んでみたい気分の日…(笑)



万願寺とふきのとうの天ぷら

IMG_7504_R.jpg

 甘みが強くてシャキシャキの万願寺。

 デトックス効果バツグンで、冬眠から覚めた熊も最初に食べると言われるふきのとう。

 柚子塩でサッパリ…これも美味しいな~♪



生ビール

IMG_7507_R.jpg

 いろいろ飲みたい気分とか言いながら、最後はヤッパリ命の水に回帰する…(笑)



炊き込みご飯

IMG_7509_R.jpg

 野菜ベースの出汁にかつお節を加え、醤油で優しく味付けてあって、ほんのりした野菜の甘さと、但馬鶏の滋味深い旨みがあいまって、アッサリといくらでも食べられそうな美味しさです。

 ホント、前菜からシメのご飯まで、すべてに隙がなくて美味しかったな~ヾ(@~▽~@)ノ



IMG_7429_R.jpg

 まだ空いている時に店主の田端さんと色いろお話させてもらいましたけど…

 26歳の時に神戸に焼鳥屋を開いて、その店を他人に譲り渡した後、2016年6月末に阿波座に「骨付鳥・唐揚げ・本格生レモンサワー専門店 幸」をオープンさせたんだそうです。

 そのお店を2017年9月末で一旦閉店し、同じ年の11月1日に、現在の心斎橋に移転リニューアルオープンしたんだとか。

 まだまだお若いのに馬力があってスゴイですね~♪

 18時の開店時には私たち二人だった店内も、アッという間にほぼ満席になるほど、オープン3ヶ月で着実に人気に火がつき始めてる予感。

 今度うかがう時はシッカリ予約をしてから訪れることにしましょ…(^_-)-☆

 ごちそうさまでした。



 本日も駄ブログをお読みいただいてありがとうございました♪

 感想やご意見をコメントにいただけると喜びます…((=゚ェ^=))

◆メシコレ←食通の厳選グルメマガジンです♪

◆食べログ←いいね&フォローお願いします。

◆インスタグラム←こちらもいいね&フォローお願いします。



◆ぐるなび
炭焼き・幸
炭焼き・幸
ジャンル:炭焼き、鶏料理専門店
アクセス:地下鉄長堀鶴見緑地線長堀橋駅 徒歩2分
住所:〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-4-11 大和ビル8号館1F(地図
ネット予約:炭焼き・幸のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 心斎橋×鶏料理(鳥料理)
情報掲載日:2018年2月4日


◆食べログ


関連ランキング:焼き鳥 | 長堀橋駅心斎橋駅松屋町駅



関連記事
[ 2018/02/05 ] 焼鳥・鶏料理 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/269-964147bb