FC2ブログ

2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01






鮨 ななお@兵庫県神戸市中央区北長狭通

 阪急・神戸線の三宮駅から徒歩約2分。

 西口を出て生田ロードを生田神社に向かい、一本目の筋を西に入ったスグの所に、日本の伝統料理“寿司”と、今どきのバルを融合させた【鮨 ななお】があります。

IMG_5653_R.jpg

 ランキングに参加しています!

 下のバナーをクリックして応援してくださいませ…(*´▽`*)


大阪ランキング


 いつもお世話になっているグルメな方のお声がけで、飲み食べ友だちと三人してうかがってきました。

 今年の11月23日にオープンしたばかりのお店は3階建て。

 三宮の一等地と思われる場所でのこの所帯…メチャクチャ気合い入ってますね…o(^o^)o

 シースルーになった1階は、4人テーブルが2卓と、職人さんの手さばきをライブで楽しめるカウンターが7席。

 木の温もりを感じる2階はカジュアルなテーブル席。

 そして3階は8席の個室になっていました。

2017-12-07 鮨ななお_R

 魅力的な日本酒も取り揃えられていましたが、スタートはヤッパリ命の水で~♪

 生ビール 香るエール 500円

 いただきます。

IMG_5664_R.jpg

 飲み物と一緒にお通しが提供されました。

 生湯葉の雲丹キャビアのせ

IMG_5667_R.jpg

 優しくてコクのある生湯葉に、雲丹の濃厚な旨みと、キャビアの塩っけが味わいを奥深いものにしています。

 湯葉のトロトロで滑らかな食感と、キャビアのプチプチ感のギャップもイイ感じ♪


 刺身盛合せ(一人前 五貫) 1,200円×3人前

IMG_5670_R.jpg

 本まぐろ、ひらめ、天然ぶり、金目鯛、こはだの5種盛り。

IMG_5680_R.jpg

 マグロには黒ゴマ、金目鯛にはカラスミ、脂がのったブリにはサッパリと大根おろし、ヒラメは芽ネギを巻いてポン酢ジュレ。

 ネタをただ切って盛り付けるだけじゃなく、何がしかひと手間加えることで、味も見た目も良くするところに、職人さんの心意気を感じますね~(=´▽`=)

 特に海苔で巻いたコハダは絶品でしたよ♪


 生ビール 香るエール 500円

IMG_5683_R.jpg


 広島産かき 低温蒸し(1ケ) 300円

IMG_5686_R.jpg

 写真では伝わりにくいですけど、1個1個がメチャクチャ大ぶりなカキなんです。

IMG_5690_R.jpg

 65度の低温で30分じっくりと蒸してあるそうで身のプックリ感がハンパない。

 ポン酢ジュレごとトゥルンっと放りこむと…

 あぅ…口いっぱいに濃厚なカキのエキスが広がって、これはもう悶絶モンの美味しさです…(●゚∀゚●)


 下仁田ねぎ焼 580円

IMG_5693_R.jpg

 群馬県下仁田町の特産品の下仁田ネギは、熱を加えるとホント甘くて滑らかで美味しいですね。

 グリーンのソースはネギの青い部分を使ってるんですって。


 たら白子正油焼 980円

IMG_5697_R.jpg

 出てくる前からしょう油の焼ける芳ばしい香りが漂います。

IMG_5700_R.jpg

 プルンっと張りのある白子をひと口でほお張ると、繊細でクリーミーな旨みがあふれ出し、そして優しくトロトロにとけていきます。

 よく河豚と比べるとタラの白子は雑味がある…なんてことを言う人も居ますけど、この白子は雑味もエグミもなくて純粋に美味しかったですよ。


 鳳凰美田 剱 辛口純米酒 600円

IMG_5702_R.jpg

 栃木県小山市の「小林酒造株式会社」が、麹米に“山田錦”を、掛米に“五百万石”を使用して醸した純米酒。

 フルーティーな香りを残しつつもキレの良い辛口タイプです。


 たこ旨煮 680円

IMG_5710_R.jpg

 あっ…柔らかい。

 皮がズルズルになってるわけでもないのに、適度な噛みごたえの柔らかさになっていて美味しい♪


 からすみチーズ 780円

IMG_5716_R.jpg

 塩漬けしたボラの卵巣を天日干しにしたもので、このわたやウニと並んで日本の三大珍味の一つですね。

 独特の風味の塩っけと、まったりしたクリームチーズの旨みと相性がイイ感じ♪

 何げにモロミがツンとしてない辺りに、それぞれの食材チョイスのセンスが感じられました。


IMG_5752_R.jpg

 そろそろ握りを摘まむとしましょうか。

 このトロ箱ごと持って帰りたい~(笑)


 握りは一貫から注文可能。

 関西では一般的にシャリには米酢を使いますが、「鮨 ななお」では関東風に赤酢…いわゆる酒粕を原料に作られる、ほのかな甘さが特徴のかす酢を使っているそうです。


 剣先いか 250円

IMG_5729_R.jpg

 メチャクチャ細かな包丁目が入れてあります。

IMG_5732_R.jpg

 ネットリとした舌ざわり…繊細な細工のおかげで、口の中でほろほろとほどけて、噛まずに飲みこめそうなぐらい柔らかいです。

 あまりのイカの甘さに熟成させてあるのかと思ったら、店主いわくイカが良いので新鮮なのに甘みが乗っているとのことでした。


 寫楽 純米酒 700円

IMG_5735_R.jpg

 福島県会津若松市の「宮泉銘醸株式会社」が、米を愛し、酒を愛し、人を愛す、純愛仕込みで醸す純米酒。

 果実のようなフルーティーな香り、米の甘みが広がったあと、スッと切れていく後味の良いお酒です。


 〆さば 250円

IMG_5739_R.jpg

 酢〆の塩梅が絶妙で、臭みは一切消して旨みだけを凝縮した、ちょうど良い加減のレア感になってます。


 本まぐろ 350円

IMG_5741_R.jpg

 本マグロ…いわゆるクロマグロですね。

 マグロの王様と呼ばれるだけあって、きめ細やかでシットリした舌ざわり。

 回ってる店のは味が弱いのであまり食べないんですけど、このマグロはどっしりした旨みがあって本当に美味しい♪


 のどぐろ 450円

IMG_5750_R.jpg

 東の横綱キンキ(喜知次)、西の横綱ノドグロと言われるほど高級な魚。

 写真を見ただけでもお分かりかと思いますが脂の乗りがハンパない…ヽ(^◇^*)/

 コリっとした食感はきときと(新鮮)な証ですね。


 あたごのまつ 純米吟醸 ささら おりがらみ生酒 800円

IMG_5755_R.jpg

 宮城県柴田郡の「㈱新澤醸造店」が、収穫したばかりの富山県産五百万石で醸す純米吟醸。

 究極の食中酒を意識して造られているそうで、クリアで透き通った味わいと、しぼりたてならではのフレッシュ感がイイですね。


 北海いくら 400円

IMG_5764_R.jpg

 軍艦巻きじゃない、こんな形のイクラは初めてみました。

 伝統の味や技を大切にしつつも、こぉゆうチャレンジ精神と言うか、遊び心みたいなのを感じられるあたりが粋だわ~(☆∀☆)


 佐賀牛あぶり 450円

IMG_5770_R.jpg

 全国に数多くある銘柄牛の中でも、トップクラスの高品質を誇る佐賀牛。

 艶さしと称されるほどキレイに入ったサシと、臭みのない赤身のコクと旨みは、寿司ネタとして一級品だと思います。


 茶わんむし 650円

IMG_5777_R.jpg

 キャビアとイクラが乗った何とも贅沢な茶わん蒸し。

 お出汁と玉子の上品な味わい、トゥルンと滑り込んでくる滑らかな食感。

 許されるならボウルいっぱい食べてみたい…((^┰^))ゞ


 こはだ 300円

IMG_5783_R.jpg

 光り物の代表と呼ばれるコハダは、しっとりとした食感。

 サッパリした味わいの中にも、甘みや旨みがジワジワと感じられて美味しいです。

 ちょこんと乗ったガリや、カラスミも良いアクセントになってます。


 中とろ 450円

IMG_5790_R.jpg

 光り物で口の中をリフレッシュさせたところで中トロ~(≧▽≦)

 メチャクチャ脂が乗ってて、濃厚な旨みが舌にまったりと絡みついてきます。


 赤武 純米酒 700円

IMG_5793_R.jpg

 岩手県盛岡市の「赤武酒造株式会社」の、若き杜氏“古舘龍之介”氏を中心に、志しある社員が魂を込めて醸した純米酒。

 2011(平成23)年3月11日に発生した、東日本大震災で受けた壊滅的な打撃から、見事に立ち直った“復活の蔵”として知られる酒蔵です。

 どん底から這い上がろうと頑張っている酒蔵は、特に応援したくなりますね…ガンバレ日本!

 香りを最小限に抑えて、掛け値なしに旨い酒を造るというテーマのお酒だそうで、口に含んでみると確かに香りは控えめで、まるで大吟醸のような奥深い香り。

 米の持っている旨みや甘さがダイレクトに伝わってきて、あぁ…旨いな~って、素直に感じられる良いお酒です。


 生うに 450円

IMG_5804_R.jpg

 これも軍艦巻きではなく、海苔の上にシャリとウニを乗せてあります。

 安いウニによく感じられる変な苦さがなく、ただただ甘くてネットリ濃厚。


 白焼うなぎ 350円

IMG_5808_R.jpg

 タレの味で誤魔化せない分、素材の良し悪しがよく分かる白焼きでの提供。

 絶妙な焼き加減によるホワッホワの食感と香ばしさに、ウナギ本来の旨みもシッカリ感じられます。


 ど辛 純米酒 600円

IMG_5812_R.jpg

 秋田県山本郡の「山本合名会社」が、地元の酒米“めんこいな”を醸した純米酒。

 雑味のない爽やかなキレ味の、キリっとした辛口のお酒になってます。


 白子のガーリックオイル煮 680円

IMG_5817_R.jpg

 なっ…なんですか…これは?

 白子をニンニクの効いたオリーブオイルで煮てあるんですけど、和風アヒージョって感じですかね。

IMG_5825_R.jpg

 ニンニクの風味が移ったトロトロ濃厚な白子を、生麩に乗せて食べるという何とも斬新なアイデア。

 でも、これがまた新しい感覚で美味しいんですよ~♪


 れんこんまんじゅう 780円

IMG_5821_R.jpg

 こんがりキツネ色に揚がった蓮根まんじゅうに、海苔の風味の餡がかかってます。

 素朴な味に華を添えるキャビアとイクラが煌びやかです~(*´▽`*)


 穴子と天然まいたけ天ぷら 980円

IMG_5832_R.jpg

 穴子とマイタケの天ぷらは塩でいただきます。

 フワフワの穴子はもちろんのこと、天然マイタケの鼻に抜ける香ばしさがハンパなくて、こんなに美味しいマイタケを食べたのは初めてでした。


 とろたく巻 850円

IMG_5838_R.jpg

 ネットリしたトロと、たくあんのパリパリ感と塩っけがイイ感じ♪

 三人でうかがってるので、一本を三等分にしてもらってます。


 うなぎクリームチーズ巻 600円

IMG_5839_R.jpg

 ウナギとクリームチーズの組み合わせが気になって、最後の〆にお願いしてみました。

 合うのかな?って思いながらほお張ると、これが意外にもベストマッチ。

 ウナギの旨みをクリームチーズの酸味が引き立てていて、赤酢のシャリとの相性もイイんです♪


 赤だし 480円

IMG_5846_R.jpg

 最後は赤だしで〆てお開きです。


 それにしてもよく食べて、よく飲んだもんだわ…ヾ(≧▽≦)ノ

 寿司屋って…雰囲気であったり、料金が気になったりと、けっこう敷居が高く感じてましたが、「鮨 ななお」はバル的な要素もふんだんに取り入れられてて、落ち着きの中にも気軽さがありました。

 それに時価なんて恐ろしい表示じゃなく、値段を明確に書いてくれているので安心感もありましたしね。

 家からチョット遠いですけど、神戸方面に出かける機会があれば、是非またふらっと立ち寄ってみたいと思える素敵なお店でしたよ…(^_-)-☆

 ごちそうさまでした。

IMG_5648_R.jpg

◆◆◆メニュー◆◆◆

IMG_5661_R.jpg

IMG_5655_R.jpg

IMG_5656_R.jpg

IMG_5657_R.jpg

IMG_5811_R.jpg



◆食べログ


関連ランキング:寿司 | 神戸三宮駅(阪急)三宮駅(神戸市営)旧居留地・大丸前駅


関連記事
[ 2017/12/13 ] 寿司 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/214-882cbb74