FC2ブログ







火遊び まこと【原始焼き…ほかetc.】大阪市北区天神橋

 JR天満駅を降り、立ち食いの都そばがある細い路地を北に向かって歩くこと約2分。

 お好み焼きの名店「千草」がある、すれ違うのもやっとな細い路地に【火遊び まこと】はある。

IMG_2234_R.jpg

 2015(平成27)年5月のオープンだそうで、店内は一階が壁際のカウンター席とテーブル席の、原始焼きと100種の日本酒「火遊び まこと」。

 二階が4人テーブル6卓ほどのスペースで、ワイン無制限飲み放題部屋「うお鉄屋 魚右衛門(ぎょえもん)」となっている。

2017-08-25-1 火遊びまこと_R

 どちらも同じ系列…と言うか、区別化が良く分からないが、人数やシーンに応じて使い分けが出来るのがイイ♪

 この日は気のおけない仲間との飲み会ということで、二階を貸し切りにさせてもらった。

IMG_2236_R.jpg

 なんでも、余分なものを排除して、素材本来の味を楽しむことができる原始焼きがウリとのことだが、まずは各自ドリンクの注文だ。

 この店では、2種類の飲み放題があって、一つはハイボール、果実酒、ワイン、酎ハイ、焼酎、ソフトドリンクが飲み放題で1,500円。

2017-08-25-003_R.jpg

 もう一つは上記のドリンクにさらに、ビール、日本酒、カクテルがプラスされて2,000円。

2017-08-25-1 火遊びまこと_R

2017-08-25-002_R.jpg

 ワインは二階に置いてあるボトルすべてが、日本酒は100種類のラインナップのうち、メニューに星印がついたものが飲み放題になるってんだから、その太っ腹ぶりに“ちゃんと儲けがあるのか?”と、こっちが心配になってしまうほどだ…(^_^;)

IMG_2280_R.jpg

 なんともゴージャスな飲み放題に、乾杯に泡をオーダーするご同輩も多かったが、ヤッパリ一杯目は命の水なんだな…(笑)

IMG_2255_R.jpg

 いただきます…って、ガマンできず半分ぐらい飲んでるご同輩も…ヾ(´▽`;)ゝ

IMG_2257_R.jpg

 はりはりサラダ しらすまみれ

IMG_2259_R.jpg

 タップリと入ったしらすの塩っけと、シャキシャキでサッパリした水菜との、食感の対比が面白いサラダになっている。

IMG_2262_R.jpg

 熟成魚盛り合わせ

IMG_2264_R.jpg

 手前のサワラから時計回りに、グレ、ヒラマサ、タイ、マグロの5種盛り。

IMG_2265_R.jpg

 ポール・メッサー・ブリュット

 泡も飲ませてもらおう。

 爽やかでキレの良い辛口のスパークリングだが、飲みやすいので一瞬で飲み干す…(笑)

IMG_2270_R.jpg

 愛媛 石鎚 本醸造 極み辛口+10

 愛媛県西条市の石鎚酒造の槽しぼり本醸造の酒。

 日本酒度+10が示す通り、けっこうな辛口になっているが、ピリピリと舌を刺すような感じはなく、どっしりとしたふくらみの中に、キレの良さを感じる旨い酒になっている。

IMG_2272_R.jpg

 おっ、1階からトロ箱が運ばれてきた。

 選んだ魚を名物の原始焼きにしてくれるらしい。

IMG_2283_R.jpg

 カワハギ、カンパチ、ニセタカサゴに大きなアジ。

 札のないのはイトヨリかな。

IMG_2282_R.jpg

 マダイ以外の、コショウダイ、フエフキダイ、ソコイトヨリなんてのは、多分これまで食べたことがない。

IMG_2285_R.jpg

 チョイスした魚の前にノドグロが運ばれてきた。

 ノドグロ

IMG_2288_R.jpg

 正式にはアカムツという魚だが、開いた口の中を覗くと真っ黒なことから、山陰地方なんかでは見たままノドグロと呼んでいるそうだ。

 白身のトロとも言われるほど季節を通して脂のノリが良く、市場では超がつくほどの高級魚として取引されている。

IMG_2287_R.jpg

 和歌山 世界一統 手作り本醸造

 和歌山県和歌山市の株式会社 世界一統の本醸造。

 世界の博物学者、南方熊楠の父親が創業したと言われる世界一統。

 淡麗な飲み口でスッキリと飲みやすい。

IMG_2297_R.jpg

 新潟 北雪 佐渡の鬼ころし

 新潟県佐渡市の北雪酒造の超辛口酒。

 日本酒度+16.5は、おそらく日本トップクラスの超辛口で、キレッキレの口当たりはど真ん中の好み♪

IMG_2300_R.jpg

 クロダイの藁焼き

 関西ではチヌと呼ぶ方が一般的で、昔よく和歌山の方に釣りに行ったものだ。

 オキアミをつけた針を糠の団子に包んで海に放り込む、「紀州釣り」ってのを遊び半分でやってたら、知らないうちに50cm超えの大物がかかってた時は驚いた…(≧∇≦v)

 大味で美味しくないんじゃないの?って人もいるが、なんの、なんの、しっとりとした甘みがあって旨いんだな。

IMG_2303_R.jpg

 系列の「イタリア酒場 炎lavita」のネームが入った、オリジナルポン酢と鬼おろしでいただく。

IMG_2305_R.jpg

 先ほど選んだ4尾の魚も一気に焼きあがってきた。

 魚や肉を長い串に刺し、炭を重ねた囲炉裏の周りに立てて、ジックリ焼くのが原始焼きなんだとか。

 時間はかかるが、余分な脂なんかは落ち、ふっくらと焼ける利点があるらしい。

IMG_2313_R.jpg

 カンパチ

 えっ!?カンパチ…?

 カンパチって大きくなると1.5メートルぐらいになるアジ科の魚で、関西では60cm以下のはシオって呼んでいるが…

 ま、まぁ…シオって出されるより、カンパチって出される方が、イメージとしては湧きやすいか。

 まだまだ小ぶりだから脂はさほどのっていないが、ホロホロとした身は日本酒をちびりちびり飲るのにちょうどイイ♪

IMG_2311_R.jpg

 ウマヅラハギ

 トロ箱ではカワハギってなってたけど、形からしてこれ、ウマヅラハギだな。

 淡白な白身の魚だが、シッカリした歯ごたえと、噛むと出てくる磯の風味が好みだわ。

IMG_2318_R.jpg

 イトヨリ

 淡白な身は上品でクセがなく、真鯛と比べても遜色がないぐらいに旨い。

 トロ箱にあったソコイトヨリは、イトヨリも深いところに棲んでるからソコ(底)イトヨリなんだと…(笑)

IMG_2321_R.jpg

 ニセタカサゴ

 ニセタカサゴ? ニセってことは、タカサゴって魚もいるってことなのか?

 どうやら沖縄の方で、グルクンとしてひと括りにされている魚のようだ…(^_^;)

 柔らかい身は淡白で、皮目の部分に独特の旨みを持っている。

IMG_2320_R.jpg

 アンガス牛塊焼き

 魚、魚、魚のオンパレードで魚を満喫したら、ヤッパリ肉も食べたくなってきた。

 正式には“アバディーン・アンガス”と言い、この牛の出現により肉料理は煮込みからステーキへと変遷したと言われるほど、柔らかい赤身が特徴的な肉だ。

 タップリのネギと岩塩でサッパリと、だが肉の旨みも負けていない。

IMG_2324_R.jpg

 鴨串

 炭火の遠赤外線効果で、ふっくらと焼けた身からは、香ばしい脂がジュワーっとあふれてくる。

IMG_2328_R.jpg

 ライム酎ハイ

IMG_2332_R.jpg

 海鮮丼

 肥満人(めたぼんちゅ)の〆は炭水化物…これ常識…(笑)

 サーモンやマグロなど、色んな刺し身がのっていて、それぞれの魚の味が楽しめる。

IMG_2333_R.jpg

 シンプルなのに素材の旨みを引き立てる原始焼き、100種類の品揃えだけでも驚きなのに、そのうち73種類も飲み放題になる日本酒。

 これでもかと客を喜ばせようというスタンスを肌で感じられるイイお店だ…(^_-)-☆

 ごちそうさまでした。

◆◆◆メニュー◆◆◆

2017-08-15-1 火遊びまこと_R

2017-08-15-002_R.jpg

2017-08-15-005_R.jpg



◆ぐるなび
火遊び まこと
火遊び まこと
ジャンル:厳選熟成魚を原始焼き!
アクセス:JR大阪環状線天満駅 徒歩2分
住所:〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋4-11-18(地図
姉妹店:炎LAVITA FORNO  | イタリア酒場 炎LAVITA 天満店
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 天満・天神橋筋×居酒屋
情報掲載日:2017年8月26日


◆食べログ


関連ランキング:その他 | 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅


関連記事
[ 2017/08/26 ] 居酒屋 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/164-5f29fdd3