2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11





大阪文化館・天保山【魔法の美術館】大阪市港区海岸通

 大阪港駅から歩いて約9分。

 1994(平成6)年11月3日、サントリーの創業90周年事業により、サントリーミュージアム[天保山]が、天保山ハーバービレッジに開設された。

 入館者の低迷などで維持が困難になり、2010(平成22)年12月26日に閉館することとなったが、土地や建物などを無償で寄贈された大阪市が運営を引き継ぎ、2013(平成25)年2月8日には【大阪文化館・天保山】と名称が改められている。

IMG_1425_R.jpg

 見て、ふれて、遊べる、体感型アート『魔法の美術館』が、7月15日から9月3日にかけて開催されるというので、さっそく初日に体感してきた。

IMG_1462_R.jpg
 ①shichihenge
 シチヘンゲ/2016年
 田中 陽

 -壁の前に立ってみよう。自分の姿が変わっていくよ-

 ヒトの身体や想いは千差万別。
 刻一刻と変化するあなた自身を楽しんでください。
 「shichihenge」では作品の前に立つとあなたが様々な種類に変化します。

IMG_1470_R.jpg

IMG_1472_R.jpg

IMG_1473_R.jpg

 ②なげる、あてる、ひろがる
 なげる、あてる、ひろがる/2014年
 スイッチ

 -ボールを壁に向かって投げてみよう。-

 ボールを投げる事でインタラクションを起こす作品です。
 遊び方はボールを壁に投げるという事だけ、ボールの当たった場所に音と映像がマッピングされひろがります。
 体験者はボールを投げるという単純な行為で起こる音と映像による事象から、投げ方や投げる場所を変えてみたりと遊び方を工夫しはじめます。
 ゲームのように目的がある訳ではないのに不思議とボールを投げたくなります。

IMG_1491_R.jpg

IMG_1495_R.jpg

 ③Shadow+
 シャドウ・プラス/2016年
 徳井 太郎・清水 雄大

 -作品の前で、体を動かそう。-

 自分の影の中に様々な模様が現れます。
 影と映像が重なるちょっと不思議な空間です。

IMG_1487_R.jpg

 ④ensemble silhouette
 アンサンブル・シルエット/2016年
 宮本 昌典・小岩原 直志

 -星のシルエットをテーブルにおいてみよう。メロディがながれるよ。-

 知らない人と音を通じてつながっていく。
 思いがけないメロディが生まれる新しい合奏を体験してみてください。
 本作品は新しい合奏をテーマにした音楽装置です。
 流れる五線譜に星のシルエットを置くと様々なメロディが流れます。
 色んな場所に星を置いて、みんなで不思議なアンサンブル(合奏)を奏でてみましょう。

IMG_1481_R_20170803221913a8e.jpg

 ⑤よるにおもう
 よるにおもう/2017年
 重田 佑介+Zennyan

 -白い本を手に持って、作品内を歩いてみよう。-

 夜空を舞台に、さまざまな星座のキャラクターが登場するピクセルアニメーション作品。
 映像が床に向けて投影されていますが、展示室内ではそのまま見る事は出来ません。
 鑑賞者は白い本を手に持って、空間を歩き回りながらアニメーションを鑑賞します。
 どんな世界が広がっているでしょうか?
 夜空の世界を旅するように空間の中を歩いてみてください。

IMG_1511_R.jpg

IMG_1515_R.jpg

IMG_1522_R_20170803222144c1c.jpg

[広告] VPS


 ⑥his philosophy
 ヒズ・フィロソフィー/2012年
 小松 宏誠

 -羽根の動きを見て静かな風の流れを感じてみよう。-

 カラスの羽根と、ガチョウの羽根でできた風見鶏。
 少しの風でも反応する、微風観測器です。
 その風は何が原因で生まれて、どこに流れていったのだろうか?
 そんな事を考えながら制作しました。

[広告] VPS


 ⑦Secret Garden
 シークレット・ガーデン/2011年
 小松 宏誠

 -羽根の動きを見て静かな風の流れを感じてみよう。-

 光に包まれた白い羽根の花が舞い続けます。
 鳥が植物になったらどんな進化をするだろう?
 「鳥×植物」の不思議な世界を、光の庭として表現します。

[広告] VPS


 ⑧Lifelog̠モビール
 ライフログ・モビール/2013年
 小松 宏誠

 -羽根の動きを見て静かな風の流れを感じてみよう。-

 ガチョウの羽根でできたモビール。
 少しの風でも反応する、微風観測器です。
 その風は何が原因で生まれて、どこに流れていったのだろうか?
 そんな事を考えながら制作しました。

 ⑨Lifelog̠シャンデリア
 ライフログ・シャンデリア/2013年
 小松 宏誠

 -羽根の動きを見て静かな風の流れを感じてみよう。-

 ガチョウの羽根でできたシャンデリアです。
 連なった羽根の輪が、空間の風を受けて回転し、木漏れ日のような光と影が広がっていきます。
 家畜となったガチョウの羽根が、本来の姿を取り戻したかのように、優雅に空間に浮かんでいるのです。

IMG_1507_R.jpg

 ⑩portrait
 ポートレイト/2017年
 宮本 昌典・田中 陽

 -額縁の前の椅子に腰かけてみよう。-

 「portrait」はあなたの特徴を映し出す作品です。
 額縁の前に置かれている椅子に腰かけると、アーティスティックなタッチで描かれたあなたの肖像画が額縁の中に現れます。
 しかし、その肖像画の様子は少し変。
 あなたの姿をした、あなたとは違う誰かが乗り移っているかの様な奇妙な体験を楽しんでみてください。

IMG_1543_R.jpg

[広告] VPS


 ⑪色のある夢
 いろのあるゆめ/2015年
 藤本 直明

 -蝶が飛んでいる壁に向かってポーズをとってみよう。-

 壁を照らす光はいくつかの色が混ざり合ったものです。
 みなさんはみなさんの影によってその色を分解することができます。

IMG_1548_R.jpg

IMG_1549_R_20170804092702ab1.jpg

[広告] VPS


 ⑫TRANSFORM
 トランスフォルム/2015年
 岡田 憲一+冷水 久仁子(LENS)

 -椅子に座ると自分の姿が変身し、木箱の中の小さな世界であそびだすよ。-

 椅子に座ると顔が撮影され、架空の世界の住人に変身します。
 変身した体は箱の中の世界に転送され、空を飛んだり、水中を泳いだり、コミカルに踊ったり…
 トランスフォルムの物語の一部になって動き出します。

2

1

IMG_1558_R.jpg

IMG_1560_R.jpg

 ⑬七色小道
 なないろこみち/2013年
 坪倉 輝明

 -七色に光る小道の中に入ってみよう。-

 一見ただの通路のように見えても、人がその上を歩く事で人の周りから様々な色や光が溢れ出して他の人が出す色と混ざり合っていく。
 ただ歩くという行為が無意識の内にお互いに影響を与え合い、その結果が1つのアートになっていく参加型のメディアインスタレーション。
 また、時間の経過によって形を変えながら消えていく為、同じ絵は二度と見ることが出来ない。

3

[広告] VPS


 ⑭Traces
 トレーシス/2017年
 岡田 憲一

 -作品の前で動くと、自分の残像が後ろに残るよ。-

 トレーシスは体験者の通った後に、その人々の「跡」を残します。
 体験者が空間を動き回ることで、その跡が蛇のように長く連なって見えたり、空間全体が人の影でできた絵画のように変化します。
 普段は意識することがない「跡」を映像に残すことで、これまで見えてこなかった空間の変化が見えてくる作品です。

[広告] VPS


 ⑮.hito
 ドットヒト/2013年
 田中 陽

 -椅子に座ってみよう。自分の動きに合わせて顔が変化するよ。-

 ヒトはどこまで簡略化できるか。
 ヒトはどこまで認識できるか。
 ヒトはどのような保存形式になりえるか。
 ヒトはどのような拡散経路を辿るか。
 ヒトはどのような進化を遂げて次の形態へと変化するか。

4

 ⑯SplashuDisplay
 スプラッシュ・ディスプレイ/2012年
 的場 やすし・山野 真吾・徳井 太郎

 -玉で的を狙ってあててみよう。-

 SplashuDisplayは爆発するディスプレイです。
 網の目のテーブル上に敷き詰められた、白く小さなビーズが色鮮やかに光り出します。
 その中に動き回る的が現れ、鑑賞者はそれを狙って玉を投げ、玉が命中すると爆発が生じます。
 ディスプレイが爆発する不思議な感覚を体験してください。

[広告] VPS


 ⑰衝突と散乱
 しょうとつとさんらん/2016年
 藤本 直明

 -作品の上を歩いてみよう。-

 床に散らばった無数の破片は、色や形ごとに異なる種類に分類されます。
 そして、それぞれの種類ごとにある一点に引き寄せられるようです。
 また、人が歩くと遠ざかろうとするように見えます。

[広告] VPS


 子供たちの歓声がアチコチで響くなか、大人たちもけっこう楽しんでたりで、老若男女を問わず色んな楽しみ方ができるアート展。

 大阪ベイエリアをぐるっと一周する就航船サンタマリアや、海遊館とのお得なセットチケットもあるので、この夏の思い出作りに家族で出かけてみるのも良いかも…(^_-)-☆

IMG_1460_R.jpg



【大阪文化館・天保山】
関連記事
[ 2017/08/04 ] イベント | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/158-f0d4253e