2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09





鉄板 阪本 梅田茶屋町店【雅コース】大阪市北区芝田

 阪急梅田駅や地下鉄中津駅から歩いて約6分、JR大阪駅や阪急中津駅からでも約8分。

 地下1階から地上3階には、“食べる”“飲む”“遊ぶ”をコンセプトにしたD.D.HOUSEが、地上7階から17階には新阪急ホテルアネックスが営業している北野阪急ビルは、1985(昭和60)年6月の竣工だそうだ。

 D.D.HOUSE…20歳の時に出来たこのスポットの響きを、若い頃はとてもオシャレに感じたもので、食事にもよく訪れたそのビルのスグ北側に、上質な鉄板焼きをウリにする【鉄板 阪本 梅田茶屋町店】がある。

20170709184920_IMG_0905_R.jpg
 ビルの一階フロアを占める店内は、ライブ感を楽しめるカウンターが12席、それに3卓の6人テーブルがゆったりと配置されている。

IMG_1007_R.jpg

IMG_1028_R.jpg

 コースがメインのようだが、アラカルトも色々と用意されているので、お一人さまのサク飲み使いにも良さげだ。

20170709185018_IMG_0910_R.jpg

IMG_1030_R.jpg

 いつもなら命の水…といきたいところを、シャンパーニュなどとチョット気取ってみる…(笑)

 ボーモン・デ・クレイエール グランド・レゼルヴ ブリュット 9,800円(税別)

20170709191731_IMG_0922_R.jpg

 すごくキメ細やかな泡立ち。

 フルーティーな香りとフレッシュな柑橘系の風味が、とても優雅な気持ちにさせてくれる。

20170709191439_IMG_0920_R.jpg

 いただきます。

20170709191921_IMG_0925_R.jpg

 まだメニューには載っていないが、シェフが考案したという新しいコースでお願いした。

 13,000円からになっているのは、選べる焼き魚介の伊勢エビorアワビが、その日の仕入れによる時価になっているからだそうだ。

 雅コース 13,000円(税別)~

 まずは前菜が運ばれてきた。

 本日の前菜3品

20170709193139_IMG_0933_R.jpg

 宮崎牛サーロインのたたき

 キレイなサシが入ったサーロインを、たたきで食べられるなんて、スタートから何とも贅沢な気分にさせてくれる。

 口に入れただけで舌の上で溶けだす脂は、サラッと濁りがなく上質でメチャクチャ甘い。

 散りばめられた岩塩がまた、肉の甘さを存分に引き出して旨すぎる。

20170709193047_IMG_0930_R.jpg

 ハンガリー産鴨胸肉の生ハムとパルマ産の生ハム

 ハンガリーの鴨と言えば、フォアグラを取るために飼育されるマグレ・ド・カナールが有名だが…

 それなのかどうかは訊き忘れたが、シッカリ脂がのっていて旨みの濃い鴨肉だ。

 パルマ産の生ハム…いわゆるプロシュット・ディ・パルマは、抑えめの塩っけと芳醇な香りが旨い。

20170709193030_IMG_0929_R.jpg

 ここで命の水。

 ヒューガルデン ホワイト 900円(税別)

 世界のビールフェアというのを期間限定でやってたんで、その中からベルギーのビールを…

 ベルギーのブリュッセルの東にあるヒューガルデン村で生まれたホワイトビール。

 コリアンダーやオレンジピールが加えられていて、苦味は少ないがほんのりスパイシーで爽やかな飲み口になっている。

20170709193500_IMG_0938_R.jpg

 次は御野菜…って、これがサラダ?

 生雲丹とイクラの御刺身サラダ

20170709200043_IMG_0970_R.jpg

 刺身の方が多いぐらいで、どっちがメインなのか分からない…(*´▽`*)

 ウニやイクラの他に、海老にタイに貝柱にハマチにと、かなり盛りだくさんな内容。

 しかもどれも新鮮で身がシッカリしてて旨い。

20170709195447_IMG_0960_R.jpg

 モレッティ 750円(税別)

 イタリアで最も古い歴史を持つビールメーカーのひとつ、モレッティ社が造るラガービール。

 軽快な飲み口は合わせる料理を選ばない、オールラウンダーで飲みやすいビールになっている。

20170709193512_IMG_0939_R.jpg

 お次は選べる焼魚介。

 本来のコースではどちらか一品のところを、選べなかったのでどちらも提供してもらった…(≧▽≦)

 活伊勢エビと活アワビのグリル

20170709202333_IMG_0977_R.jpg

 頬ばると磯の香りがフワッと鼻に抜け、歯を弾き返しそうなほどプリップリな身を噛みしめると、濃厚な甘さと香ばしさが口の中いっぱいに広がって、これはもう幸せとしか言いようがないほどの旨さだ。

20170709203138_IMG_0990_R.jpg

 大きくて立派なアワビは、スッと切れるほど柔らかいのに、ムニムニと適度な弾力もあって、その歯ごたえはどこか官能的でもある。

 ほろ苦い肝と一緒に食べると、アワビの持っている旨みの他に、甘さであったり苦味であったり香ばしさであったり、様々な味わいが渾然一体となって舌と脳を刺激してくる。

 こんなに旨いアワビはそうそう食べられるもんじゃないと思ったな~♪

20170709203051_IMG_0987_R.jpg

 すず音(ボトル) 1,580円(税別)

 宮城県大崎市にある株式会社 一ノ蔵の発泡清酒。

 グラスに注ぐと立ちのぼる繊細な泡が、まるで鈴の音を奏でているように見えることから、すず音とネーミングされたんだとか。

 柔らかな甘酸っぱさでいくらでもグイグイいけそうだが、アルコール度数が5度と、日本酒にしては低いので安心だ…(笑)

20170709200551_IMG_0972_R.jpg

 上州牛のシャトーブリアン

 利根川の清流と上毛三山(赤城山・榛名山・妙義山)に囲まれた、群馬の豊かな自然に育まれた上州牛は、和牛とホルスタイン種との間に生まれた交雑種で、その肉質は和牛トップレベルと言われている。

IMG_0998_R.jpg

 19世紀頃のフランスの作家であり政治家でもある、フランソワ・シャトーブリアンが好んで食べたことに由来するシャトーブリアン。

 牛の股関節内側の大腰筋…いわゆるフィレ肉として知られている部位の中でも、さらに柔らかい中心部分の肉で、1頭の牛から約600gしか取れない希少部位のため、幻の部位と呼ばれている。

 脂肪がロースの半分ほどしかないのに、歯が要らないぐらい柔らかくて、まるでとろけるような味わいは、さすがに最高級と呼ばれている肉だけのことはある。

IMG_0995_R.jpg

 肉の旨みが濃いので、塩かワサビで食べるのが美味しかった。

IMG_1001_R.jpg

 黒龍 純米吟醸 1,200円(税別)

 福井県吉田郡の黒龍酒造の純米吟醸酒。

 福井県大野地区で収穫される酒造好適米「五百万石」で醸造され、フルーティーな香りと軽快でサッパリした口当たりの良い酒だ。

IMG_1005_R.jpg

 阪本特製ガーリックピラフ
 赤出汁とお漬物


IMG_1011_R.jpg

 ふわふわパラパラに炒められていて、味付けはくどくなくアッサリだが、ニンニクがシッカリと効いていて旨い。

IMG_1017_R.jpg

 赤出汁には魚のアラ…と言うか、ちゃんとした身も入っていて、奥深い味わいになっている。

IMG_1024_R.jpg

 自家製ティラミス

 マスカルポーネのコクとココアが、口の中で混ざりあって旨い。

IMG_1044_R.jpg

 ピスタチオのジェラート

 ナッツの女王と言われる高級品、ピスタチオを使ったアイスは、ナッツの風味が濃厚で、とてもリッチな気分にさせてくれる。

IMG_1047_R.jpg

 オリジナルブレンドCoffee

 コースの最後にはオリジナルブレンドCoffeeか、オーガニックダージリンTeaがいただけるとのことで、コーヒーをお願いした。

IMG_1037_R.jpg

 次から次へと出てくる料理のあまりの美味しさに、コーヒーもニッコリとほほ笑んでいるみたいだわ…( ◠‿◠ )

IMG_1039_R.jpg

 時価を含む値段が値段なだけに、おいそれと食べられるコースではないが、他にリーズナブルなコースも用意されているので、この日も若いアヴェックがデートで利用したりしていた。

 アラカルトも色々あるので、オシャレに飲めるお店として覚えておくのも良いかも…(^_-)-☆

 ごちそうさまでした。



◆ぐるなび
鉄板 阪本 梅田茶屋町店
鉄板 阪本 梅田茶屋町店
ジャンル:厳選【黒毛和牛】を堪能
アクセス:地下鉄御堂筋線梅田駅 徒歩5分
住所:〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1-12-14 WATANABEビル5 1F(地図
ネット予約:鉄板 阪本 梅田茶屋町店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 梅田・大阪駅×鉄板焼き
情報掲載日:2017年7月30日


◆食べログ


関連ランキング:鉄板焼き | 梅田駅(阪急)中津駅(大阪市営)中津駅(阪急)


[ 2017/07/30 ] 鉄板焼き | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/153-b6c6f382