2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12






立ち呑み あたりや食堂 東通り店【アワビ踊り焼き…ほかetc.】大阪市北区堂山町

 地下鉄谷町線・東梅田駅から徒歩7分、同じ谷町線の中崎町駅からでも徒歩8分。

 大阪から新しい音楽を発信できる場所を目指して、1981(昭和56)年12月にオープンし、その後、年間6万人もが訪れる関西インディーズバンドの登竜門的ライブハウスとなったが、親会社の倒産により2007(平成19)年9月、惜しまれつつも26年の歴史にピリオドを打ち閉館した梅田バナナホール。

 そのバナナホールが、2017(平成29)年4月、阪急東通第3商店街に場所を移し復活したそうだ。

 9年半振りに再開したその伝説のライブハウスの近くに、【立ち呑み あたりや食堂 東通り店】が、2017(平成29)年3月13日にオープンしている。

IMG_0375_R.jpg

 大阪府下に13店舗展開している、海鮮居酒屋「志な乃亭」グループの系列で、なんば座裏で大人気の「産直鮮魚と天ぷら 立ち呑み あたりや食堂」の2号店になるそうだ。

 早い時間帯はハイボールがお得に飲めるのか。

IMG_20170627_220005_R.jpg

 厨房を囲むカウンターには15人ぐらいは立ち並べるだろうか。

 他にスタンディングの4人テーブルが9卓、奥には予約が必要だが、10~16人で利用ができる個室もあって、店内はかなり広々とした感じ人なっている。

IMG_0441_R_20170702164511bf3.jpg

 ではいつものように命の水から…

 いただきます。

 アサヒスーパードライ(生中) 380円(税別)

IMG_0380_R.jpg

 隠岐の島、石川、串本、千葉、静岡なんかの漁港から、毎朝直送している魚介が自慢とのこと。

 この日は岡山からの魚だそうで、マグロ・真鯛・ハマチ・生ダコ・ハモ湯引きの盛り合わせになっていた。

 どの魚も確かに鮮度が良く、ハマチや真鯛なんかは身にエッジが立っていてコリコリしている。

 ネットリと絡みついてくるタコも旨い。

 おまかせ造り五種盛り 580円(税別)

IMG_0389_R.jpg

 あれば必ずと言って良いほど頼む大好物のポテサラ。

 タップリの玉子の濃い味と、カリカリベーコンのアクセントが旨い。

 自家製ポテサラ 300円(税別)

IMG_0394_R.jpg

 ふと目の前の生け簀に視線を向けると、ガラスに張りついたアワビが目に飛び込んできた。

 数量限定だそうで踊り焼きにしてもらった。

 炭火で丁寧に炙られたアワビは、当たり前だが新鮮で臭みがなく、身も適度な歯ごたえの柔らかさで旨い。

 この大きさの活けのアワビが、こんな値段で食べられるなんてメチャクチャ幸せじゃないか♪

 アワビ踊り焼き 680円(税別)

IMG_0403_R.jpg

 壁のディスプレイを見ると、地酒のラインナップも豊富なようだ。

IMG_0429_R.jpg

 山形県東置賜郡の米鶴酒造の純米酒。

 ゲンジボタルなど4種類のホタルが生息する、とても素晴らしい環境で育まれたその酒は、爽やかな香りと滑らかな口当たりで、これからの暑い季節にピッタリの軽快な飲み口になっている。

 米鶴(蛍ラベル) 400円(税別)

IMG_0432_R.jpg

 これも名物だと言うげんこつサイズの大きなかき揚げ。

 げんこつかき揚げ 280円(税別)

IMG_0406_R.jpg

 桜エビと玉ネギなど、旬の野菜とのかき揚げになっている。

 注文をすると直径80cmはある大きな銅なべで揚げてくれる。

 使っているのが米油なので、衣にまったく油臭さがなくサクサク軽やかで旨い。

IMG_0424_R.jpg

IMG_0386_R.jpg

 もういっちょ数量限定の名物から…

 『熱いのでお気をつけ下さい』と、グッツグツに湯気を立てる石鍋が運ばれてきた。

 貝のガンガン焼き 480円(税別)

IMG_0410_R.jpg

 この時はホタテだったが、その時々の旬の二枚貝が使われるんだと。

 貝の旨みや玉ネギの甘みがしみ出た出汁が絶品で、この出汁をチビチビやりながら飲む酒がまた旨い♪

IMG_0414_R.jpg

 和なアテが美味しいと日本酒がススム…(≧▽≦)

 徳島県鳴門市の本家松浦酒造の生酒で、何でもLEDの光を照射して作られた酵母を使って造られたお酒なんだと。

 とてもフルーティーで、まるでワインのような味わいがある。

 土蜘蛛 450円(税別)

IMG_0436_R.jpg

 カウンターの上に置かれた、やたらと大きなシイタケ。

 島根県の奥出雲地方の名産で、雲太とは出雲太郎の略で、すなわち出雲大社のことを表すんだとか。

IMG_0384_R.jpg

 10cm以上はありそうなカサは肉厚で、炭火で炙られてもほとんど身が縮んでいない。

 しょう油をチョロっと垂らして食べると、シイタケの旨みや香ばしさを、シッカリした歯ごたえと共に味わえる。

 島根県産 雲太(塩焼き) 450円(税別)

IMG_0417_R.jpg

 アテが出雲のものなら、きっと出雲の酒が良く合うはず…

 日本海に浮かぶ隠岐の島に蔵を構える「隠岐酒造」の純米酒。

 鼻に抜ける香りが爽やかで、酸味にもキレがあって旨い。

 隠岐誉(純米酒) 350円(税別)

IMG_0438_R.jpg

 かき揚げが旨かったのに気を良くして…

 その日の仕入れによって内容は変わるそうだが、この時は海老に獅子唐にナスビなんかの盛り合わせになっていた。

 おまかせ天ぷら五種盛り 580円(税別)

IMG_0435_R.jpg

 天つゆの他に、カレー・紅・抹茶の、3種類の塩が用意されていて、自分好みの味にして食べることが出来る。

IMG_0381_R.jpg

 ここらで季節モンのお酒も…

 富山県富山市の、いまノリにノッテいる酒蔵「富美菊酒造」の純米吟醸。

 とにかく香りがフルーティーで、米の旨みや甘さもシッカリと感じられる。

 数多の酒屋がこぞって取り扱っているのも納得の美味しい酒だ。

 羽根屋(夏の純米酒) 500円(税別)

IMG_0444_R.jpg

 お品書きに見慣れない漢字のアテが…氷の下の魚と書いて“コマイ”と読むらしい。

 日本海で獲れるタラの仲間だそうで、大きなものは40cmにもなる出世魚なんだと。

 けっこうな歯ごたえがあって、干物にしてあるから皮の周りの身が香ばしくて旨い。

 氷下魚炭焼 200円(税別)

IMG_0450_R.jpg

 そろそろシメるか…

 ご一緒させてもらった立吞みの達人が大好きな鉄火巻…ヽ(^。^)ノ

 海鮮細巻きの方はその日によって具材が変わるそうだ。

 鉄火巻 380円(税別)
 海鮮細巻 280円(税別)

IMG_0449_R.jpg

 その日の魚のアラで出汁を取った澄まし汁。

 色んな魚の旨みが凝縮されていて、海鮮海苔巻きとの相性がイイ♪

 漁師汁 80円(税別)

IMG_0456_R.jpg

 昔は酒屋の一角で、柿ピーとかスルメなんかの渇きモンか、サバやサンマの缶詰めが関の山だったのが、この店では割烹も顔負けの料理が出てきてホント驚かされた。

 旨いアテをつまみながら、サクッと、しかも安く飲めるんだから、酒飲みにとってこの上もない店がオープンしたもんだ…(^_-)-☆

 ごちそうさまでした。

◆メニュー◆
IMG_0385_R.jpg

IMG_0377_R.jpg

IMG_0378_R.jpg

IMG_0399_R.jpg



◆ぐるなび
立ち呑み あたりや食堂 東通り店
立ち呑み あたりや食堂 東通り店
ジャンル:立ち呑み居酒屋
アクセス:JR大阪駅 徒歩7分
住所:〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町1-12(地図
姉妹店:300円均一海鮮居酒屋 志なのすけ お初天神店 | 300円均一海鮮居酒屋 志なのすけ 庄内店
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 東通り・堂山×居酒屋
情報掲載日:2017年7月7日


◆食べログ


関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 東梅田駅中崎町駅梅田駅(大阪市営)


関連記事
[ 2017/07/07 ] 立ち呑み | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/150-c08d1c3b