2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08





福島 焼野菜 菜の音【野菜のお寿司…ほかetc.】大阪市福島区福島

 JR東西線新福島駅から2分、同じくJR環状線福島駅から3分、阪神本線の福島駅からでも5分と、いずれの駅からも楽勝の徒歩圏内で、アクセス抜群の場所にある【福島 焼野菜 菜の音(なのね)】

IMG_20170606_221717_R.jpg

 2009(平成21)年8月のオープンで、一階はコの字型カウンター12席、それに4人テーブルが6卓ほどか。

IMG_20170606_230123_R.jpg

 二階は6人から25人までで利用可能な個室になっているらしい。

IMG_20170606_221731_R.jpg

 二軒目使い…さすがに胃袋に空きスペースが乏しく、命の水は断念…(^▽^;)

 チューハイ(厚切りライム) 480円(税別)

IMG_20170606_225557_R.jpg

 いただきます。

IMG_20170606_222614_R.jpg

 氷でキンキンに冷やされた、みずみずしくて爽やかなプチトマトが突き出しで出てきた。

 慣習としておざなりな突き出しを出す店は多いが、こんな突き出しなら大歓迎だ。

IMG_20170606_223107_R.jpg

 大人も子どもも大好きフライドポテトが、買い物カートに乗ってやって来た♪

 最近はやりのトリュフ塩がかかってて、見た目よりもワンランク上の美味しさがある。

 王道のフライドポテト 480円(税別)

IMG_20170606_223814_R.jpg

 ナンバーワン人気のアテと言う長芋のわさび漬けを頼んでみた。

 シャリシャリの長芋に、はじめからツーンとくるワサビの風味が入っていて、これは日本酒が欲しくなる一品だ。

 長芋のわさび漬け 480円(税別)

IMG_20170606_223202_R.jpg

 メニューを見ると、一日限定10皿のみと言う、かなりハードルが高そうなものがあった。

 ダメ元で店員さんに訊いてみると、『まだ大丈夫ですよ~♪』って答え…頼まなきゃ。

 パッと見は野菜だなんてぜんぜんわからない。

 寿司としてフツーに出されたら気がつかないだろう。

 トマトでマグロを…
 シイタケでホタテを…
 薄切りの山芋でイカを…
 ナスビでアナゴを…
 トマトのジュレでイクラを…

 それぞれ精密に再現している。

 ぶっちゃけ、話のネタとしては面白いが、それだけのまがい物だと思ってた…

 ところが食べてみると何の何の、バルサミコ酢に昆布塩、それに細かく刻んだ大葉を混ぜ込んだシャリの完成度も高く、それぞれの野菜との相性もバツグン過ぎるほどバツグン過ぎて旨いんだ~(≧▽≦)

 懐疑的で期待してなくて、ハードルを下げてたこともあるかも知れないが、これは想像以上に美味しくてホント驚いた♪

 野菜のお寿司(五貫) 780円(税別)

IMG_20170606_224232_R.jpg

 お寿司だけじゃなく、ガリは赤キャベツ、ワサビは空豆で作られていたりで、舌でも目でもメチャクチャ楽しめた…(^_-)-☆

IMG_20170606_224240_R.jpg

 野菜を主役に据えてウリにしてるだけあって、仕入れ先にもかなりこだわっているらしく、野菜の栽培では関西で右に並ぶものはないと言われる「やなもり農園」をはじめ、各地の契約農家から新鮮な野菜を直送してもらってるんだとか。

 その野菜を素材に合った調理法で、最高の状態で食べさせてくれるんだから、平日の遅い時間にも関わらず賑わっているのも頷けた。

◆メニュー◆
IMG_20170606_222218_R.jpg

IMG_20170606_222153_R.jpg

IMG_20170606_222124_R.jpg

IMG_20170606_222229_R.jpg



◆ぐるなび
福島 焼野菜 菜の音
福島 焼野菜 菜の音
ジャンル:福島居酒屋宴会飲み放題
アクセス:JR大阪環状線福島駅 徒歩1分
住所:〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島7-2-6(地図
姉妹店:活海老バル orb 福島店  | 活海老バル orb 天満店
ネット予約:福島 焼野菜 菜の音のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび (大阪)福島・野田・中之島×スペインバル・イタリアンバール
情報掲載日:2017年6月24日


◆食べログ


関連ランキング:居酒屋 | 福島駅新福島駅中之島駅



関連記事
[ 2017/06/24 ] 居酒屋 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/146-4dff2df4