2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07





RISTORANTE Baci(リストランテ バーチ)【牛タンのカルボナーラ…ほかetc.】大阪市中央区東心斎橋

 1989(平成元)年2月、それまで大阪市にあった東区と南区とが合併して中央区が誕生した。

 当時の南区には心斎橋筋や千日前などがあり、キタと並ぶ一大繁華街「ミナミ」の中心地だった。

 町割りは碁盤の目のように区切られてはいるが、京都のそれのように整然とはしておらず、どこか雑多な感じだ…(^_^;)

 それでも東西南北を縦横に走る道々には、宗右衛門町や久左衛門町のように、大阪の開拓に功労のあった者の名前や、炭屋町や傘屋町のように、様々な職人の集落だったことが容易に推測できるような、個性的な名前がそれぞれに付けられているので、慣れてしまえば迷うことはないだろう。

 その中の南北を走る笠屋町沿いの、周防町筋(ヨーロッパ通り)と八幡筋の間に、色んな業態の飲食店が軒を連ねる、オシャレな路地風雑居ビル「日宝N-STREET」がある。

IMG_20170526_210909_R.jpg

IMG_20170526_210936_R.jpg

 2014(平成26)年11月、イタリアレストランの【RISTORANTE Baci】が、日宝N-STREETの一番奥にオープンした。

IMG_20170526_211014_R.jpg

 店名のバーチとは、イタリア語でキスを意味するバーチョ(bacio)からつけられたそうだ。

IMG_20170526_210830_R.jpg

 エントランスにはスパークリングや白ワインが氷水で冷やされていて、オブジェとしてもオシャレな雰囲気を漂わせている。

IMG_20170526_211118_R.jpg

 一階はキッチンに面したカウンター6席、二階には個室が二部屋あって、とてもラグジュアリーなプライベート空間になっていた。

IMG_20170526_211231_R.jpg

 あらかじめナイフやフォークが並べられた席は、どれをどのタイミングで使って良いのか分からず、けっこうドキドキするので実は苦手だ…(^_^;)

 20歳のまだ若造だった頃、初めての友人の結婚式で、テーブルの上にあった布をエプロンにしていたら、他の客のはみな白無地なのに、オッサンのだけ真ん中に大きく「寿」と書いてあった。

 自分は親友だし特別扱いしてくれてるのか?と悦に入ってたら、見ず知らずの人に『それ、引き出物を包む風呂敷ですよ』と教えられ、顔面から火が出るほど恥ずかしい思いをした記憶がよみがえる…(笑)

IMG_20170526_211347_R.jpg

 50歳を越えた今となっては、そんな失敗はさすがにもうないが、ここは食通な友人たちとソムリエにお任せしよう。

 まずはワインから…いただきます♪

 イティネラ ネロ・ダヴォラ シチリア 5,000円

 色んな果実の香りがしてタンニンを強く感じるが、まろやかな飲み口の甘めなワインだ。

IMG_20170526_212435_R.jpg

 チーズの盛り合わせ 1,800円

IMG_20170526_213118_R.jpg

 適度な弾力と歯ごたえでフレッシュなミルクを感じるモッツァレラ、チーズの王様と呼ばれるパルミジャーノは風味が豊かだ。

 青カビのピリッとした辛さが特徴のゴルゴンゾーラはハチミツとの相性がイイ♪

 羊のミルクを原料に作られるペコリーノは、塩っけが強いので日本酒にも合いそうだ。

 モッツァレラ パルミジャーノ・レッジャーノ
 ゴルゴンゾーラ ペコリーノ

2017-05-26-1 バーチ_R

 Baciの彩前菜盛り合わせ 2,000円

IMG_20170526_213810_R.jpg

 ねっとりとして濃厚な味わいのフォアグラ、レバー独特のほろ苦さが旨い。

 フォアグラパテのブルスケッタ

IMG_20170526_213959_R.jpg

 インボルティーニって何?と思ってたら、イタリア語で“巻く”とか“包む”という意味らしい。

 要は「野菜のハム巻き」ってことだが、イタリア語にするといちいちオシャレな感じになる…(笑)

 ハムと野菜のインボルティーニ

IMG_20170526_214031_R.jpg

 刺身をワサビ醤油でって感じでしか食べたことがないカンパチ。

 洋風にアレンジするとこうなるか…なかなか旨い♪

 カンパチのカルパッチョ

IMG_20170526_214110_R.jpg

 4人だとボトルワインもアッという間だ…(≧▽≦)

 再びソムリエにオススメをお願いした。

 イタリア北部のピエモンテ州が産地の黒ぶどう、“バルベーラ”で造られた辛口の赤ワイン。

 スパイシーな香りもあるが、完熟した果実の甘さも感じて飲みやすかった。

 ピエモンテ ランゲ・ロッソ 6,000円

17-05-27-09-26-21-912_deco_R.jpg

 イタリアンに来たからにはパスタも食べておかねば。

 カルボナーラって生クリームと卵黄のイメージだったが、本来は「炭焼のパスタ」と呼ばれ、チーズ・黒こしょう・塩漬けの豚肉・卵だけで作られるもんなんだと。

 スパゲッティーニ カルボナーラ 牛タンのサラダ添え 1,900円

IMG_20170526_221029_R.jpg

 生パスタのモチモチ感がイイ♪

 それにホロホロに煮込まれた牛タンも、これだけでワインのアテになるぐらい、シッカリとした味わいで旨い。

IMG_20170526_221210_R.jpg

 8千円から1万5千円までのコースも4種類用意されてるので、ガッツリと食事を楽しむのも良し、アラカルトをちょこちょこっと頼んで、ビールやワインをサクッと飲むのも良し。

 一階のカウンターでは女性がしっとり、バー使いで一人飲みしていたりで、色んなシーンに対応してくれるのがありがたいお店だ。

 世の男性たち…こうゆうお店を一軒知っとくと、デートをバッチリ決めたい時なんかに重宝するのだよ♪

 オッサンには宝の持ち腐れだが…(^▽^;)

 ごちそうさまでした。



◆ぐるなび
Ristorante Baci
Ristorante Baci
ジャンル:記念日の個室イタリアン
アクセス:地下鉄御堂筋線心斎橋駅 徒歩5分
住所:〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋2-8-7(地図
ネット予約:Ristorante Baciのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 心斎橋×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2017年6月15日


◆食べログ


関連ランキング:イタリアン | 心斎橋駅長堀橋駅日本橋駅


関連記事
[ 2017/06/15 ] イタリアン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/143-ef7d1938