2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07





南河内特化型 農家レストラン Buono2(ボーノボーノ)【ランチセット】堺市美原区木材通

 日本建造物の原点とも言える、千木(ちぎ)や堅魚木(かつおぎ)をご存知だろうか?

 神社の屋根についてる飾りみたいなもので、実物を見れば『あぁ~あれね!』ってなると思うが…

 屋根の両端でX状に交差させたのを千木、水平に並べて置かれた丸太状の木を堅魚木と言い、元々は上流階級の邸宅などに使わてきたが、今日では神社建築にのみ用いられているそうだ。

 千木の先端を地面に垂直に削ってあるか、水平に削ってあるかで、その神社に祀られているのが、男の神様か女の神様か分かるらしいが、それも例外があるとかでやゃこしい…(^_^;)

 古来日本人の暮らしに調和し木の文化を育んできた、その千木と堅魚木をシンボライズさせた、“木魂(もっこん)”というモニュメントが、大阪堺市の美原区にある「大阪木材工場団地協同組合」運営の、木材利用普及研修センター「ウッドリーム大阪」の敷地内に設置されている。

DSC_0615_R.jpg

 同じ敷地内に協同組合が福利厚生の一環として誘致し、2012(平成24)年9月にオープンした【南河内特化型 農家レストラン Buono2】がある。

DSC_0499_R.jpg

 道をはさんだ反対側には、同じように誘致された回転寿司屋の「バリュー」もあるが、協同組合ってそんなにも力があるんだな。

DSC_0501_R.jpg


 緑に囲まれ木の香ただよう店内は、3つのフロアに分かれていて、それぞれに違った雰囲気が楽しめる。

 今の季節はテラス席も心地良さげ…♪

2017-05-026_R_20170523151758caf.jpg

 地産地消を地で行くようなお店…特化型とはちぃ~とばかし堅苦しいが…(≧▽≦)

DSC_0519_R.jpg

 石窯で焼かれるピッツァ…“ピザ”ではなく“ピッツァ”が美味しいらしい…(笑)

DSC_0513_R.jpg

 お決まりの命の水。

 まだ真っ昼間なんだけど、自ら車を出してくれた氏が、『自分は飲まないんで、皆さんは遠慮せずに飲んでください』、なんて嬉しいことをおっしゃるもんだから…(*''▽'')

 生ビール(プレミアムモルツ) 550円(税別)

DSC_0535_R.jpg

 同席者が泡を頼んだので、そいつもご相伴にあずからせてもらおう…(笑)

 フレッシュジュースのような爽やかな甘さは、食前酒としてピッタリじゃないか。

 ランブルスコ・レッジャーノ・アマービレ(ボトル) 3,000円(税別)

DSC_0540_R.jpg

 では、いただきます。

DSC_0538_R.jpg

 ランチメニューはピッツァとパスタのツートップ構成。

 でもヤッパリ石窯で焼いたピッツァが…食べたい♪

2017-05-20 ボーノボーノ_R

 店員さんのオススメに従って…

 地元色々野菜の包み焼きピッツァ 1,480円(税別)

DSC_0561_R.jpg

 玉ねぎにほうれん草、インゲン豆やナスビなんかの野菜がチーズと一緒に包まれててボリューム満点。

 かなりシッカリした生地はモチモチと重量感もあって、これ一枚だけでもけっこう食べた感はある。

 彩りに散りばめられた生野菜に、中からまだ野菜だなんて、ヘルシー志向にも打ってつけなんじゃないか。

DSC_0563_R.jpg

 そこにもってきて、ランチタイムはまだお得に野菜がセットにできる♪

 キャベツ・ブロッコリー・トマト・しいたけとギッシリだ。

 トマトベースのドレッシング、オリーブオイル、塩で好きなように食べられるのがイイ。

 Bセット 南河内野菜のセイロ蒸しセット(ドリンク付き) +480円(税別)

DSC_0551_R.jpg

 もう一つのピッツァはチーズを存分に楽しみたい…となれば…

 センス抜群の同行者が、半分にだけ蜂蜜をかけて切り分けてくれたので、「ハチミツのある時ぃ~」「ない時ぃ~」、どちらのバージョンも楽しむことができた♪

 チーズにハチミツなんて…と思っていたが、これがなかなかにマッチして旨いんだ…ヽ(^。^)ノ

 4種類のチーズピッツァ、東養蜂場のハチミツ付き 1,780円(税別)

DSC_0573_R.jpg

 こいつにもセットの野菜をプラス。

 これだけの野菜にドリンクまでついてこの値段は、けっこうお得なんじゃないかな。

 Cセット 南河内野菜のバーニャカウダセット(ドリンク付き) +480円(税別)

DSC_0548_R.jpg

 ビールから赤ワインをはさんで、もう一杯ビールを空けた次は、黄金の祝祭と名付けられた白のスパークリング。

 スッキリ辛口に造られてるそうだが、華やかなフルーツ感と優しい口当たりで旨い。

 アンリメール フェット・ドール・ブリュット ブランド・ブラン(ボトル) 3,000円(税別)

DSC_0586_R.jpg

 ピッツァ♪ピッツァ♪と来たからには、こぉなったらデザートもピッツァだ…(≧▽≦)

 人生初のフルーツがのったピッツァ…

 大丈夫かいな?とチョット心配だったけど、これが意外にも合うもんなんだな~♪

 イチゴの甘酸っぱさが生地と違和感なくマッチしてて、スイーツとしてフツーに美味しいじゃないか…(^_^)v

 南農園さんのイチゴのデザートPIZZA 780円(税別)

DSC_0603_R.jpg

 もういっちょデザートは一枚でも二枚でもお値段いっしょのワッフル。

 ベルギーワッフルにブリュッセルと、リエージェの2種類あったなんて初めて知った。

 長方形で甘さ控えめなのがブリュッセルで、楕円形で甘いのがリエージェなんだ。

 これまたトッピングがなすびジャムだなんて言うから心配したけど、良い意味でナスビ感は感じられなかった…(笑)

 ワッフル 古川農園さんのなすびジャムのジェラート 580円(税別)

DSC_0602_R.jpg

 忘れて…は、なかったけどアルコールを飲んでたもんで、後にしてもらってたランチセットのドリンク。

 キウィジュース

DSC_0597_R.jpg

 メニューで異彩を放っていたNOMOコーヒー。

 NOMOってもしかして、伝家の宝刀フォークボールを引っさげて、近鉄バッファローズからアメリカに渡り、トルネード投法で大リーガーたちをきりきり舞いさせた…

 ドクターKこと、野茂英雄のNOMO?

 店員に訊いてみると、答えはイエスだったので、セットのドリンクとは別にお願いした。

 NOMOコーヒー 470円(税別)

DSC_0596_R.jpg

 村上雅則以来31年ぶり2人目の日本人メジャーリーガーとなり、日本で78勝、大リーグで123勝を挙げた偉大なピッチャーの名前がついたコーヒー。

 コクがどうとか、酸味や苦味がどうとか、そんなことはどうでも良い。

 確かに最高の一杯だった…(^_-)-☆

DSC_0607_R.jpg

 料理に使われている南河内の野菜は、販売コーナーで売っているので、食べて気に入れば購入することも出来る。

DSC_0610_R.jpg

 サラダ菊菜とロメインレタス、それにフルティカというミディトマトを買って帰って、豚肉と一緒にしゃぶしゃぶにして食べたが、どの野菜も甘くて美味しかった~(^_^)v

DSC_0612_R.jpg

 最寄り駅から離れてるのが少々ネックだが、だだっ広い駐車場もあるし、ドライブがてらランチに立ち寄ったり、飲まないドライバーのお世話になるのもイイんじゃないかな…(笑)

 電車でも大阪阿部野橋駅から、近鉄南大阪線で富田林駅まで行って、本数は少ないがバスに乗り継げば50分ほどで行ける。

 魅力的なディナーも食べに再訪せねば…(^^♪

 ごちそうさまでした。

DSC_0504_R.jpg

◆メニュー◆

2017-05-028_R_20170524143251ae7.jpg

2017-05-027_R_201705241432508cd.jpg

2017-05-021_R.jpg

2017-05-025_R_20170523151613892.jpg

2017-05-024_R_20170523151612d8d.jpg



◆ぐるなび
Buono Buono(ボーノ ボーノ)
Buono Buono(ボーノ ボーノ)
ジャンル:イタリアン
アクセス:南海高野線大阪狭山市駅 徒歩20分
南海高野線大阪狭山市駅 車5分
南海高野線北野田駅 車10分
南海高野線金剛駅 車10分
住所:〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通4-1-16(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 堺×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2017年5月24日


◆食べログ


関連ランキング:イタリアン | 大阪狭山市駅


関連記事
[ 2017/05/24 ] イタリアン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/140-f037e188