2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09





豚農家直営 肉バル BooBoo キッチン【レセプション】堺市北区東雲東町

 1932(昭和7)年2月、かつての大日本帝国陸軍の騎兵(のち捜索)第4連隊および輜重兵第4大隊が、狭隘となった真田山から、現在は近畿管区警察学校や金岡公園になっている、当時の南河内郡金岡村へと移転をした。

 その部隊の移設に伴い、阪和電気鉄道(現JR西日本阪和線)の杉本町駅と、仁徳御陵前停留場(現在の百舌鳥駅)の間に、堺市停留場として設置されたのが今のJR堺市駅の始まりだ。

 軍隊のための駅として開業したため、当時は南海電鉄の堺駅や堺東駅のような賑わいはなかったようだが、 1956(昭和31)年に金岡団地、1966(昭和41)年に新金岡団地が建設されて以降は、JRにおける堺市の中心駅となっている。

 その堺市駅のスグ目の前に【豚農家直営 肉バル BooBoo キッチン】が、2017(平成29)年2月11日に新たにオープンした。

 なんでも東大阪市渋川町にある、長瀬畜産が丹精込めて育てた“なにわポーク”が食べられるとのことで、そのレセプションに呼んでいただいた。

 それにしても地元の東大阪で、しかも渋川町は今仕事で担当しているエリアなのに、そんな所に年間700頭も飼育してる養豚場があっただなんて、まったく気がつかなかったな…(。-∀-)

 なにわポークというブランドも初耳だったが、手間暇かけ丹精込めて育てるため、月に10頭ほどしか出荷できない貴重な豚だそうだ。

DSC_0215_R.jpg

 店頭のしゃぶしゃぶ写真に惹かれて入る客もいるだろうな~♪

DSC_0219_R.jpg

 飲み放題があるってワイン好きには朗報だ。

DSC_0220_R.jpg
 店内はキッチンに面したカウンター席。

DSC_0228_R.jpg

 壁際には2人掛けの可愛らしいテーブル席。

DSC_0229_R.jpg

 そして奥には照明がハートのように見えるテーブル席がある。

 このハートの照明に照らされながら食事をした男女は、その後必ず結ばれて幸せになるという言い伝えが…無かったり、無かったり…(笑)

DSC_0404_R.jpg

 気候もちょうど良いってことで、オッサンたちには表のテラス席が用意されていた。

 このあとビニシーを取っ払って完全オープンにしたので、電車を降りた乗客たちの羨望の眼差しと、生つばを飲み込むゴクリという音を横目に、9人の呑んべぇたちは酒を飲み豚をかっ喰らうこととなるのである…(≧▽≦)

DSC_0222_R.jpg

 そんなこんなで命の水♪

 エビスビール 480円(税別)

DSC_0253_R.jpg

 では、いただきます!

DSC_0257_R.jpg

 まずは色んな食材を薄切りの豚バラ肉で巻いた串巻きだ。

 100円串のプチトマト・ジャガイモ・エリンギ・ズッキーニ・玉ねぎ、150円串のアボカド・ブロッコリー・うずら、200円串の海老・アスパラの10串になっていて、それぞれを単品で頼んだら1,350円のところ、170円も得になるという嬉しいセットになっている。

 ベジ豚串巻き(10本盛合せ) 1,180円(税別)

DSC_0260_R.jpg

 この串巻きを豚の鼻になった特製の鍋の中に立て並べる。

DSC_0244_R.jpg

DSC_0262_R.jpg

 終わったらフタをして、注ぎ入れただし汁で蒸し焼きにするという寸法だ。

DSC_0277_R.jpg

 この鍋も出汁ポットも使われている器もすべて、高槻市氷室町にある飲食店専門の創作陶芸作家集団「FIELD土香」の今城焼きで、絵柄は店のオーナーやスタッフによる手書きなんだとか。

リサイズ_R

 蒸すこと12分、キッチンタイマーがピ!ピ!ピ!と鳴ったら完成。

DSC_0291_R.jpg

 美味しそうに火が通った串巻きが姿をあらわした。

DSC_0295_R.jpg

 10本を5人で、ひとり2本の争奪戦はジャンケンで…

 一巡目は一番に勝ち抜けでうずらを、二巡目は三番手でズッキーニをそれぞれゲットした♪

 立てて蒸してあることで余分な脂は落ちてサッパリしてるが、熟成させてある豚肉の旨みがハンパなく旨い。

リサイズ-001_R

 お向かいさんが頼んだ泡も旨そう。

 お店でワインに炭酸ガスを充填した自家製のスパークリングワインだそうだ。

 こぼれスパークリング 580円(税別)

DSC_0280_R.jpg

 カラフルな野菜プレートが運ばれてきた。

 赤だいこん・キュウリ・セロリ・パプリカ・ヤングコーン・プチトマトと色鮮やかで、赤だいこんは青皮紅心だろうか?

 Booニャカウダ 780円(税別)

DSC_0273_R.jpg

 ニンニクの効いたディップソースが恐ろしく旨すぎて、普段はあんまり食べない野菜を、全部の種類に積極的に手を伸ばしてしまった。

 それぐらい旨い♪

DSC_0283_R.jpg

 今度は豚の形をしたプレートだ。

 肩ロースの熟成ステーキ 980円(税別)

DSC_0287_R.jpg

 真空パックのまま一度も冷凍せず、温度0℃以下、湿度70%以上の熟成庫の中で、微振動を与えながらエイジングさせているそうで、柔らかくて旨みがシッカリ残っている上に、香りの芳ばしさが何とも言えずにイイ。

DSC_0289_R.jpg

 メニューにはないけど良い日本酒も入ってますよ…ってことで、お願いした。

 福島県二本松市の“奥の松酒造”の夏の限定酒で、名水“安達太良山の伏流水”で造られた辛口の酒だ。

 奥の松 吟醸原酒

DSC_0314_R.jpg

 再び、いただきます。

DSC_0309_R.jpg

 スペアリブはクラシック(ペッパー)、バルサミコソース、ハニーマスタード、マヨたまソース、アンチョビガーリックの、5種類の味から選べる。

 肉でも魚でも骨の周りが一番ウマイって言葉通り、あふれてくる肉汁の旨みや、肉食ってるぞ~的な歯ごたえがホントたまらん…ヽ(^。^)ノ

 スペアリBoo(クラシック) 390円(税別)

DSC_0320_R.jpg

 いやぁ~ナンボでも酒がススム♪

 世界No.1ラム、バカルディを炭酸で割ったアッサリしたハイボール。

 ラムハイ 480円(税別)

DSC_0341_R.jpg

 写真映えしそうなドリンクがないか尋ねると、これがイイかもってスパークリングカクテルを出してくれた。

 桃のテイストでかなり甘いカクテルだ。

 女性が好みそうなドリンクなので、花を一輪添えるだけでも、ビジュアル的なCM効果はアップするだろう。

 マルティーニロワイヤルベリーニ 480円(税別)

 DSC_0353_R.jpg

 ワイのワイのとやってると、串巻きを蒸し終わった鍋の上に、何やら巨大な肉のリングがセットされた。

 なっ!なんじゃこりゃ~Σ(・□・;)

 まるで豚肉の浮き輪じゃないか!?

 Boo de リング鍋(1人前) 1,500円(税別)
 ※写真は四人前

DSC_0328_R.jpg

 薄切り豚肉の中には、細かく切った白菜・レタス・人参・白ネギなんかが巻かれている。

DSC_0342_R.jpg

 それを崩してしゃぶしゃぶにするワケだが、なにわポークはまったくと言って良いほどアクが出ない。

DSC_0334_R.jpg

 柔らかくて旨みの濃いなにわポークと、シャキシャキ食感を残した野菜とのマッチングはサイコーで、盛り付けられていた四人前がアッと言う間になくなっていった。

 前日までの予約が必要とのことだが、それだけの値打ちは十分にある絶品鍋だ♪

DSC_0338_R.jpg

 だし汁がまたメチャクチャ旨いんだが、塩ポン酢を垂らしてみると、またひと味違う味が楽しめるのでオススメだ。

 それにしてもこのだし汁のずば抜けた旨みはなんだろう?

 同席者がだし汁だけを販売しても、ヒット間違いなしと言っていたのも納得の美味しさなんだな~(*‘∀‘)

DSC_0339_R.jpg

 食べ終わるとそこにもスタッフ自作の文字が…

DSC_0346_R.jpg

 なんかお茶目な人がいるが…ヾ(≧▽≦)ノ

 この姿だけを見ていると、居酒屋てんてんをはじめ、屋台居酒屋「大阪 満マル」、それに障がい者就労支援スペース「あしかふぇ」など、10店舗ものお店を経営している人物と想像できる人は少ないだろう…(笑)

 だがこぉゆう飾らなさも、オーナーの人から愛される魅力のひとつなんだと思った。

DSC_0349_R.jpg

 おっ…もう一本お酒が出てきた♪

 山形県東置賜郡の米鶴酒造が、酒質の向上を目標に2012(平成24)年に、創業家の屋号“マルマス”を冠してシリーズ化させた、まろやかな口当たりの旨い酒だ。

 マルマス米鶴 限定純米吟醸(緑)

DSC_0355_R.jpg

 さっきのしゃぶしゃぶの〆はパスタだそうだ。

 トマトピューレと生クリームを、だし汁に足して生パスタを投入。

 〆のスープパスタ 400円(税別)

DSC_0358_R.jpg

 これはズルい!ハッキリ言って反則だ…(*''▽'')

 ノーマルでも美味しかっただし汁に、さらにトマトの酸味や生クリームのコクを加えたら、どぉしたって美味しくなるに決まってるじゃないか♪

DSC_0364_R.jpg

 レセプションということで、もうひとつの〆も提供してくれることに…

 って、おいおい…この超絶うまいスープに、まだチーズまで加える気なのか…\(◎o◎)/!

 とどめのリゾット 350円(税別)

DSC_0367_R.jpg

 言葉をなくすぐらい旨いリゾットになっている…当たり前だけど♪

DSC_0377_R.jpg

 ジンジャーハイボール 480円(税別)

DSC_0379_R.jpg

 何だろう…けっこう食べているはずなのに、料理がウマ過ぎてまだまだ食べられる気がして仕方ない。

 このタイミングでまだ『お腹空いてきた』って言ったのを覚えている…(笑)

 それでかどうか分からないが、〆のリゾットの後にご飯が出てきた。

 ニンニクのパンチと梅ソースの酸味が、さらに満腹中枢を破壊して、一人でもペロッとイケるぐらい美味しかった♪

 梅と豚肉のガーリックライス 550円(税別)

DSC_0380_R.jpg

 そろそろデザート。

 メチャクチャ可愛らしいのが出てきた。

 あまりにもカワイイから、食べるのをためらうじゃないか…食べたけど(笑)

 パティシエの本格チョコレート 490円(税別)

DSC_0389_R.jpg

 デザートが出てるのにまだ酒を頼んでるし…(^_^;)

 デュワーズハイボール 480円(税別)

DSC_0386_R.jpg

 さらにデザート。

 上に乗っかってる豚チョコは特別出演だ…(笑)

 パティシエのケーキ 390円(税別)

DSC_0393_R.jpg

 今回はレセプションということで、通常とは違うコース構成になっていたが…

 ◆Booコース 2,500円(税別)
 野菜串巻き 3本
 Booニャカウダスペシャル
 Boo de リング鍋
 リゾットorパスタ
 本日のデザート

 ◆BooBooコース 3,000円(税別)
 野菜串巻き 5本
 前菜盛り合せ3種
 Booニャカウダスペシャル
 スペアリBoo
 Boo de リング鍋
 リゾットorパスタ
 デザート

 上記のコースに飲み放題(2,000円)をセットにすると、消費税オフという嬉しいサービスもある。

 大阪駅から環状線で乗り換えなし26分とアクセスも良いし、生まれ故郷の堺に帰る理由がひとつ出来たな~♪

 ごちそうさまでした。

DSC_0236_R.jpg

DSC_0237_R.jpg

DSC_0233_R.jpg

DSC_0232_R.jpg

DSC_0234_R.jpg

DSC_0231_R.jpg

DSC_0230_R.jpg

DSC_0239_R.jpg



◆ぐるなび
豚農家直営 肉バル BooBoo キッチン
豚農家直営 肉バル BooBoo キッチン
ジャンル:豚農家直営肉バル
アクセス:JR阪和線堺市駅 徒歩1分
住所:〒591-8041 大阪府堺市北区東雲東町1-2-25(地図
ネット予約:豚農家直営 肉バル BooBoo キッチンのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 堺×スペインバル・イタリアンバール
情報掲載日:2017年5月13日


◆食べログ


関連ランキング:バル・バール | 堺市駅浅香駅


関連記事
[ 2017/05/13 ] バル・バール | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/138-d7bf2a83