2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11





ふぐ料理 治兵衞 なんば駅東店【極コース】大阪市中央区難波千日前

 グルメな呑んべぇたちを中心に人気のエリアとなっているウラなんば。

 厳密な定義はなく、南北は千日前通り辺り~なんさん通り、東西は高島屋辺り~黒門市場までのエリアをそう呼んでいるらしい。

17-05-07-12-04-22-277_deco_R.jpg

 もともとは道具屋筋や家具屋通りの倉庫が並び、夜は風俗系のお店ばかりが目立ち、一般客には馴染みの薄いエリアだったのを、個人飲食店の若きオーナーたちがウラなんばと名付け、連携を模索し始めたのが2010(平成22)年ごろのことだそうだ。

 今でこそ和洋中やB級グルメまで、様々なジャンルの飲食店が100店舗以上も立ち並び賑わっているが、当時は共鳴する店もまだまだ少なく、最初にウラなんばマップを作った時の掲載店は11店舗だけだったとか。

 そんなウラなんばに約7万室の客室数を誇る国内最多のホテルチェーン、「アパホテル なんば駅東」が2017(平成29)年4月25日にオープンした。

IMG_20170501_183736_R.jpg

 その1階にホテルの朝食会場も兼ねて同時にグランドオープンしたのが、【ふぐ料理 治兵衞 なんば駅東店】だ。

IMG_20170501_183644_R.jpg

 難波の精華通りにある本店は、1946(昭和21)年の創業というから、かれこれ70年以上も営業を続けている老舗なんだな。

 以前にうかがったことがある本店は自社ビルだろうか?

 最大70人が入れる座敷の宴会場など、昭和感が残る大バコ店だったが、こちらは新都市型ホテルの1階ということもあり、とてもスタイリッシュに洗練されたワンフロア。

IMG_20170501_184813_R.jpg

IMG_20170501_184922_R.jpg

 今年の3月までは天神橋にも店舗があったそうだが、そちらを閉めてまで新コンセプトのこちらに注力したとのことで、真新しい白木が香る店内のそこかしこに並々ならぬ気概が感じられる。

IMG_20170501_184944_R.jpg

 では、命の水をお願いするとしよう。

 ビールがお店でしか飲むことができない、業務用のキリン一番搾り樽詰めだなんて嬉しいじゃないか♪

 キリン一番搾り 樽詰 生ビール(中) 500円(税別)

IMG_20170501_190057_R.jpg

 酎ハイなんかを作るときの分量の目安線が、キリンのマークになっているのがオシャレ。

IMG_20170501_190116_R.jpg

 いただきます。

IMG_20170501_190135_R.jpg

 この日はコース料理の極をいただいた。

 極コース 5,800円(税別)

 一.八寸
 二.てっさ
 三.選べる煮物椀(季節の煮物椀 又は 彩り玉子豆腐)
 四.とらふぐの唐揚げ 又は あられ揚げ
 五.紙なべ とらふぐてっちり
 六.ふぐ桜寿司
 七.甘味

 箸置きもフグなんだ…(^.^)

IMG_20170501_185123_R.jpg

 まずは八寸。

 黒豆の枝豆、煮豚、バイ貝旨煮、うなぎの博多焼きが、高級感ただようゴールドの皿に盛られている。

 博多焼きって聞いたことがないと思ったら、色見の違う材料を重ね合わせて、切り口が博多帯の折り柄のように、縞模様に見えるように細工した料理のことなんだと。

 それでかどうかは分からないが、うなぎがフワッフワで旨い。

IMG_20170501_190616_R.jpg

 お次はてっさと皮の湯引き。

 大皿じゃないので、遠慮しぃのオッサンも気兼ねなく食べることが出来る。

IMG_20170501_192008_R.jpg

 一気喰いしたい衝動をグッと堪え、アサツキと紅葉おろしを添えて、お上品に食べてみた…(笑)

IMG_20170501_192551_R.jpg

 二種類からチョイスする椀物は、6人だったのでそれぞれをシェアすることに。

 これは空豆の真丈。

 ふわふわの真丈に上品な風味の出汁が旨い。

IMG_20170501_193418_R.jpg

 こっちは彩り玉子豆腐。

 温かい玉子豆腐なんて初めてだったけど、ジュンサイの滑りとも相まって美味しかった。

IMG_20170501_193511_R.jpg

 気がつけば30分ほどで生中を3杯も空けてしまっているじゃないか。

 これはペースがチト早いぞ…と、日本酒に切り替えることにした。

 これが大きなマチガイだったのだが…(~_~;)

 ただの淡麗辛口かと思いきや、酔鯨独特の旨味にフレッシュで爽やかな柑橘系の香り、後味に残るシャープな苦味がなんとも旨い酒だ。

 こんな旨い酒を飲んだら、そりゃもう止まらんようになるわな…(笑)

 酔鯨 純米吟醸 吟麗 500円(税別)

IMG_20170501_193630_R.jpg

 誰かがワインを頼んだ。

 日本の地ワイン マスカットベリーA(赤) 500ml 2,500円(税別)

IMG_20170501_194301_R.jpg

 ワインのことはあまりよく分からないが、注いでもらったので飲んでみた。

 ヤッパリよく分からなかったが、苦手な渋みがまったくなく、甘くて美味しいんだと思った。

IMG_20170501_193706_R.jpg

 オイオイ…ウィスキーまで出てきてるじゃないか。

 キリンビールのグループ会社「キリンディスティラリー」が、従来の富士山麓 樽熟50°を、2016年3月に樽熟原酒50°としてリニューアルしたものだそうだ。

 ストレートで味見させてもらったが、フルーティーな飲み口から、まろやかでコクのあるシロップのような甘み、そして香ばしい樽の香りが鼻へと突き抜けてメチャクチャ旨い。

 アルコール度数が50度もあるが、これはクイクイといくらでも飲んでしまいたいぐらい気に入ったな~♪

 富士山麓 樽熟原酒50 500円(税別)

IMG_20170501_195152_R.jpg

 揚げ物も二種類からチョイスってことで一つずつシェアをした。

 とらふぐの唐揚げはプリプリの身に、下味もシッカリついてて旨い。

IMG_20170501_195857_R.jpg

 あられ揚げの方はカリカリの食感に、骨なしの部分で食べやすいのがイイ♪

IMG_20170501_200041_R.jpg

 日本酒のお代わりは、通好みの辛口の酒を造ることで有名な立山酒造のお酒を…

 心地良い辛口の味わいの中に、ほんのり漂う旨味とスッキリとした喉越しで旨いな~

 立山 吟醸 600円(税別)

IMG_20170501_200930_R.jpg

 おっ…ひとり鍋の登場だ。

 宴会メインの本店とは違い、旅行中の少人数やシングル客の利用が多いだろうから、ひとり一人前ずつの提供は実に理にかなってると思う。

IMG_20170501_201614_R.jpg

 薬味は刻みネギ、スダチ、紅葉おろし。

IMG_20170501_201643_R.jpg

 あまり大きな身は入っていないが、身ばなれが良くて美味しい。

IMG_20170501_210244_R.jpg

 ふぐ料理と言えば欠かせないのがひれ酒だろう。

 なかなかファイヤーしなくて、焦ったお店のオネーサンが指をヤケドしないかとヒヤヒヤした…(^_^;)

IMG_20170501_201959_R.jpg

 干して炙ったヒレの香ばしさが、甘口の酒とマッチしてヤッパリ旨い♪

 ひれ酒 600円(税別)

IMG_20170501_203256_R.jpg

 伊勢神宮の御料酒にも選ばれている白鷹の酒は、上品な香りとサラッと軽快なのど越しで飲みやすい。

 白鷹 吟醸 600円(税別)

IMG_20170501_203014_R.jpg

 さすがに紙なべで雑炊をするワケにもいかず、〆にはお寿司が提供された。

 薄造りのフグを米と一緒に食べるのもまた旨い。

IMG_20170501_210610_R.jpg

 四杯目は、源義経が奥州へ落ちのびる途中、にわか雨の晴れるのを待ったという、富山県の雨晴海岸から名づけられた立山の雨晴(あまはらし)。

 精米歩合を37%まで高めてるだけあって、酒質がなんともキレイで香りが芳醇、そしてコク深い旨みが濃い。

 立山 雨晴(あまはらし) 900円(税別)

IMG_20170501_211422_R.jpg

 五杯目は日本醸造協会で頒布している酵母菌、“きょうかい9号酵母”の発祥蔵である熊本県酒造研究所の香露。

 阿蘇の伏流水で造られていて、ほのかな酸味と爽やかな甘みが感じられる。

 これはぬる燗で飲むと、深みが増してもっと美味しくなるだろうな。

 香露(こうろ) 特別純米 550円(税別)

IMG_20170501_214301_R.jpg

 デザートは白玉アイスぜんざい。

 甘さ控えめでサッパリと美味しかった。

IMG_20170501_215918_R.jpg

 一人前ずつで提供されるフグのコースは、旅行途中の大阪の味として食べるも良し、またチョットした飲み会なんかの利用にも良し、はたまたラグジュアリーな空間でデートを決め込むも良しと、色んなシーンで使い分けることが出来そうだ。

 またコースだけじゃなく一品料理もラインナップされてるので、フグを使ったアテで旨い酒をチビリなんてのも良いだろう。

 宿泊客じゃなくてもぜんぜんウェルカムなので、リーズナブルにフグ料理が食べたくなったとき、フラッと立ち寄ってみてはどうだろうか。

 ごちそうさまでした。

IMG_20170501_185248_R.jpg

2017-05-01 治兵衛_R

2017-05-002_R.jpg

2017-05-003_R.jpg



◆食べログ


関連ランキング:ふぐ | 難波駅(南海)近鉄日本橋駅日本橋駅


[ 2017/05/07 ] ふぐ料理 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/137-40604ccb