2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06





北海道応援隊 きたいち酒場 梅田店【特別試食会】大阪市北区曾根崎新地

 1720(享保5)年10月16日、大阪の網島(現・都島区)の大長寺で、遊女の小春と、天満で紙屋を営む治兵衛の二人が自らの命を絶った。

 のちに近松門左衛門が、浄瑠璃「心中天網島(しんじゅう てんの あみじま)」の題材とした心中事件だ。

 小春が遊女として身を置いていた紀伊国屋があったのが、遊郭から商いの場へと姿を変えた堂島新地の後継地として、1708(宝永5)年に開かれた曽根崎新地だと言われている。

 その曽根崎遊郭も、1909(明治42)年に起きた「北の大火」から立ち直れないまま、翌年に消滅してしまったが…

 時は移ろい2015(平成27)年9月17日、東京の銀座と並び称されるほど、高級飲食店街へと変貌を遂げた曽根崎新地に、【北海道応援隊 きたいち酒場 梅田店】がオープンした。

IMG_20170426_184325_R.jpg

 地下をJR東西線が走る、大阪駅前第一ビルと第二ビルの間、桜橋東交差点の真ん前に建つゴージャスな造りの零北新地ビル。

IMG_20170426_184123_R.jpg

 そのビルの6階に目的の店はあった。

IMG_20170426_184103_R.jpg

 エレベーターを降りると目の前に大きな樽のオブジェがドーン!

IMG_20170426_184513_R.jpg

 この日は、気に入ったお店をSNSで積極的にシェアをするユーザーと、効率的にアピールしたいお店とをマッチングする、レポハピというサイトの特別試食会に参加させてもらった。

 全席が個室になっていて、招待された4組8名のメンバーは、最大10人は入れそうな部屋へと案内された。

 落とし気味の照明が大人な感じで落ち着く♪

IMG_20170426_185319_R.jpg

 まずはいつものように命の水を…(^_^)v

 アサヒスーパードライ 580円(税別)

IMG_20170426_190509_R.jpg

 最初のひと品はこの店の名物と謳う刺身の盛り合わせ。

 一枚の板に二人前ずつ盛り付けてあって、後ろに見えるのは別の参加者の二人前…(^_^;)

 それにして11種類もの盛り合わせで1,998円って、かなりの出血大サービス品じゃないか?

 漁師町の刺身三段板盛(二人前) 1,998円(税別)

IMG_20170426_191508_R.jpg

 なんでも北海道内十一の漁港の一番セリ直送だそうで、カニ、サーモン、イクラ、たこ、えんがわ、ウニ、ホタテなどのほか、アオソイ、サメガレイ、アブラガレイなど、今まで食べたことのないような珍しい魚も楽しめた。

IMG_20170426_191632_R.jpg

 見た目もキレイな刺身はどれもスゴク新鮮で、脂がのっている魚にはシッカリと脂がのっていてメチャクチャ旨い。

 特にアブラガレイなんかは新鮮なものがなかなか出回らず、少しでも鮮度が落ちると臭みが出るというから、よほど新しい魚を入手できるルートを持っているんだろう。

IMG_20170426_191623_R.jpg

 刺身の旨さもさることながら、それを引き立てる醤油の旨さにも驚いた。

 歯舞漁業協同組合が根室市歯舞産の天然一等「なが昆布」を、水から丁寧に抽出する水出し製法で作っている醤油だそうで、昆布のまろやかな旨みがハンパなく美味しい醤油だった。

IMG_20170426_201905_R.jpg

 お次も北海道の食材だけを使い、絶対に注文して欲しいとプッシュする商品ベスト3のひとつだ。

 ジャガイモの甘さとバターの豊かな風味が濃厚で、月に5万個も売れる人気商品というのもよく分かる。

 にほんいちのコロッケ(1個) 399円(税別)

IMG_20170426_192015_R.jpg

 ビールを二杯飲んだところで、ギアを日本酒にシフトした。

 マスカットを思わせる優しい甘みと酸味、それに爽やかなシュワシュワ泡が楽しい新感覚の日本酒だ♪

 澪 スパークリング(150ml) 980円(税別)

IMG_20170426_193322_R.jpg

 三品目は他のサイトなどで見て以来、食べたくて、食べたくて、夢にまで見そうになったイクラのこぼれ盛りだ。

 ピラミッド状に積まれた、カニの身などが盛り付けられた枡ご飯。

 その上から『ヨイショ!ヨイショ!』の掛け声とともに、イクラがこれでもかと零されていく様子は、見ているだけでテンションが上がって楽しい♪

 船上海鮮ぶっかけ飯(特上) 2,999円(税別)

IMG_20170426_194124_R.jpg

 上盛はズワイガニとサーモンだそうだが、特上ということでボタンエビとウニも乗っていた♪

IMG_20170426_194151_R.jpg

 イクラとカニ身とウニでご飯が見えないなんて、これ以上の幸せはバチが当たりそうでコワイ…(笑)

IMG_20170426_194603_R.jpg

 料理が旨いと酒がススム…これ全世界共通の常識…(^_-)-☆

 二合徳利もあるというので、当然いっぱい入ってる方で…これも当たり前♪

 豪快(一合) 580円(税別)

IMG_20170426_195501_R.jpg

 ラストはこれも北海道の食材をふんだんに使った、ウニやホタテが入った贅沢な料理。

 オリジナルの味噌ダレで美味しかった~ヽ(^。^)ノ

 札幌やきそば 780円(税別)

IMG_20170426_195551_R.jpg

 最後はデザート代わりのハイボールで〆よう…(笑)

 ブラックニッカハイボール 480円(税別)

IMG_20170426_200837_R.jpg

 北の大地、北海道の珍しくて新鮮な魚を知ったり、地域ごとの文化や食べ方に大阪で出会えるなんて、なんて幸せでラッキーな一日だったんだろう。

 そう思わせてくれるぐらい、どの料理も本当に美味しかった。

 また来てみたい…そう思える素敵なお店がまた増えた♪



◆ぐるなび
北海道応援隊 きたいち酒場 梅田店
北海道応援隊 きたいち酒場 梅田店
ジャンル:水産会社直営×全席個室
アクセス:JR東西線北新地駅 徒歩3分
住所:〒530-0002 大阪府大阪市北区曾根崎新地1-5-18 零北新地6F(地図
ネット予約:北海道応援隊 きたいち酒場 梅田店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 北新地×居酒屋
情報掲載日:2017年5月6日


◆食べログ


関連ランキング:居酒屋 | 北新地駅西梅田駅梅田駅(阪神)


関連記事
[ 2017/05/06 ] 居酒屋 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/136-d4828de1