2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07





Cafe&Restaurant Green Table【レセプション】神戸市西区白水

 東経135度、子午線が通るまち、明石。

 経度0度のグリニッジ子午線との時差は9時間で、1886(明治19)年に公布された勅令第51号「本初子午線経度計算方及標準時ノ件」により、日本の標準時線として覚えている方も多いと思う。

 だが、パリの国際度量衡局が決定する「原子時」が採用されている現在では、1967(昭和42)年以降は東京の情報通信研究機構(NICT)にある原子時計の時刻を、日本の標準時間としていることを知る方は少ないんじゃないかな?

 明石と言えば地名の由来にも神秘的な伝説がある。

 その昔、明石の北にある雄岡山(おっこさん)に住む男が小豆島に住む女性に会うため、妻のことも省みずに毎日のように鹿の背に乗って海を渡っていたそうだ。

 ある日、獲物だと思った猟師の放った矢が鹿に当たり、男は鹿とともに溺れ死んでしまったらしい。

 血で真っ赤に染まった鹿はそのまま岩になって沈んでしまい、その赤石が転じて明石と呼ぶようになったとか…

 林崎松江海岸の沖130m、水深2.5mのところに赤石が実際に沈んでいるそうで、かの豊臣秀吉も見物に訪れたという話が伝えられている。

 そんな魅惑のまち明石の中心地、明石駅から車で10分ほどの閑静な住宅街に、ギフトや生活雑貨の物販店【GIFTSHOP apide】に併設して、【Cafe&Restaurant Green Table】がオープンとのことで、プレス向けレセプションにお邪魔させてもらった。

IMG_20170425_180019_R.jpg

 まず4月20日に【Cafe&Restaurant Green Table】が先行オープンし、続いて4月29日に【GIFTSHOP apide】もオープンとのことで、真新しい店内はピカピカの一年生ばりに、どちらもキラキラと輝いていた。

 調理器具からカバンや衣類などのファッション関係、それにオシャレ女子が好きそうな可愛らしい雑貨、ヤングママたちのためのキッズ用品などが所狭しと並べられた店内は、オッサンが見ていても十分に楽しめるものばかりだ。

リサイズ-006_R

 食料品も多様に取り揃えられていて、成城石井セレクトのワインは1,000円のサービス料を払えば、カフェフロアへの持ち込みが可能というからありがたい。

リサイズ-007_R

 もっと見ていたい気もするが、時間にも限りがあるので、そろそろカフェレストランの方に移動しよう。

IMG_20170425_180253_R.jpg

 ロサンゼルスをイメージした店内は、至るところにグリーンが飾られてあって居心地がスゴク良い♪

 ウッディーなテーブルの上に、何やら見慣れないキューブ状の小物が…

IMG_20170425_182227_R.jpg

 何だコレ?なんて言いながらコロコロと転がしていると、店員さんが『お呼びですか?』と来てくれた。

 どうやら最新式の呼び出しベルのようで、必要な用途に応じてその面を上に向けて置くと、店員さんのリストバンドがブルブル震えて知らせるシステムなんだと…w(゚o゚)w オオー!

 時代はどんどん先に進んでるんだ…

IMG_20170425_181834_R.jpg

 せっかく来てくれたもんで注文をお願いしよう。

 もちろん水は水でも、命の水の方だが…(笑)

 生ビールは柔らかな甘さと穏やかな苦味で、オールモルトビールとは思えないほど飲みやすいハートランドか♪

 時代は変わっても30年以上も製法を守り続けているビールの旨さは格別だ。

 キリンハートランド(生ビール) 480円(税別)

IMG_20170425_195808_R.jpg

 ハートランドにカンパイ!

IMG_20170425_183135_R.jpg

 料理はまずはアペタイザー、いわゆる前菜からいくつか選んでみよう。

 スペイン産 生ハム 680円(税別)

IMG_20170425_183357_R.jpg

 おつまみローストビーフ 580円(税別)

IMG_20170425_183716_R.jpg

 ホットスパイシー チキンウイング 580円(税別)

IMG_20170425_185658_R.jpg

 メインの肉料理も魅惑的だ♪

 柔らかくジューシーな肉質で、豊かな旨みがハンパなく美味しい。

 オーロラアンガス牛のサーロインステーキ(300g) 2,980円(税別)

IMG_20170425_192517_R.jpg

 てごねハンバーグステーキ、グリルチキンステーキ、ソーセージのボリューム満点の一品。

 ハンバーグステーキ コンボ 1,580円(税別)

IMG_20170425_193019_R.jpg

 メイン料理を注文すると、サラダバーとポップオーバーなる、ニューヨークで話題のロールパンが食べ放題になる。

リサイズ-008_R

 サラダ…自分は食べないので、他の人のを撮らせてもらった…(笑)

IMG_20170425_184034_R.jpg

 んで、ポップオーバーとは何ぞや?

 表面はサクサクで中はしっとりした空洞の多いデニッシュパンで、サラダやツナを挟んでサンドウィッチにしたり、生クリームやフルーツをのせてスイーツとして楽しんでも良いらしい。

IMG_20170425_181516_R.jpg

 サンプルに負けじとオッサンたちも肉肉しぃバーガーを作ってみた。

 ひとつはステーキで♪

IMG_20170425_193416_R.jpg

 もうひとつはコンボのハンバーグを挟んで♪

IMG_20170425_193803_R.jpg

 メニューで魅力的に見えたお子様ランチを、取材ということでムリを言ってお願いした。

 ハンバーグ、エビフライ、ベジタブルグラタン、オムライスと、なんとも贅沢なプレートになっている。

 チキンライスに日の丸の旗が定番だったオッサンには、うらやましいことこの上ない…(^_^;)

 スペシャルお子さまプレート 980円(税別)

IMG_20170425_194349_R.jpg

 写真撮影用にキレイにディスプレイされてたのがあるので、食べてはいないが紹介だけしておこう。

 マルゲリータ 1,280円(税別)

IMG_20170425_181433_R.jpg

 イングリッシュマフィンにベーコンやポーチドエッグをのせ、オランデーズソースをかけたブランチの定番。

 エッグベネディクト 1,280円(税別)

IMG_20170425_181502_R.jpg

 シーフードグラタン、ラザニア、チキンドリアの3つの味が楽しめる…

 ココットで食べる三種の贅沢グラタン 1,580円(税別)

IMG_20170425_181530_R.jpg

 物販店併設のカフェレストランと聞いて、訪れる前は正直あまり期待はしていなかったが…(~_~;)

 なんの、なんの、雰囲気も良いし料理も本格的で旨いものばかりで驚いた。

 お店の造りのオシャレさや、洗練された料理のラインナップに感心していると、イタリアンバルの「センバキッチン」や、本格中華バル「杏厨(アンズキッチン)」などを、大阪で数店舗を経営するカームデザインがプロデュースと聞いて納得だ。

 郊外型の店舗だが駐車場も広いし、これからファミリーや女性に人気のスポットになることは間違いないんだろうな♪

リサイズ_R

リサイズ-001_R

リサイズ-002_R

リサイズ-003_R

リサイズ-004_R

リサイズ-005_R

IMG_20170425_182124_R.jpg



◆食べログ


関連ランキング:カフェ | 明石駅山陽明石駅人丸前駅


関連記事
[ 2017/05/05 ] カフェレストラン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meshitosake.blog.fc2.com/tb.php/135-3e4a000e