2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






北海道応援隊 きたいち酒場 梅田店【特別試食会】大阪市北区曾根崎新地

 1720(享保5)年10月16日、大阪の網島(現・都島区)の大長寺で、遊女の小春と、天満で紙屋を営む治兵衛の二人が自らの命を絶った。

 のちに近松門左衛門が、浄瑠璃「心中天網島(しんじゅう てんの あみじま)」の題材とした心中事件だ。

 小春が遊女として身を置いていた紀伊国屋があったのが、遊郭から商いの場へと姿を変えた堂島新地の後継地として、1708(宝永5)年に開かれた曽根崎新地だと言われている。

 その曽根崎遊郭も、1909(明治42)年に起きた「北の大火」から立ち直れないまま、翌年に消滅してしまったが…

 時は移ろい2015(平成27)年9月17日、東京の銀座と並び称されるほど、高級飲食店街へと変貌を遂げた曽根崎新地に、【北海道応援隊 きたいち酒場 梅田店】がオープンした。

IMG_20170426_184325_R.jpg
[ 2017/05/06 ] 居酒屋 | TB(0) | CM(0)