2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08





名代 千房 JO-TERRACE OSAKA店【レセプション】大阪市中央区大阪城


 大阪築城400年まつり、いわゆる大阪城博覧会が開催された1983(昭和58)年10月に、多目的アリーナとして建設された大阪城ホール。

 コンサートや競技会などに幅広く使用される、通称、城ホールへの最寄り駅として、同時に開業したのが大阪城公園駅だ。

 2017(平成29)年6月22日、直線にして約750m先に大阪城を望むこの駅前に、レストランやカフェなどが集まる新スポット、「JO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)」がオープンした。

IMG_0134_R.jpg

IMG_0135_R.jpg

 AからGまで7つのテラスに飲食店やコンビニ、それに公園を走るランナーのためのショップなど、22もの店舗が集結する予定で、2店を除く20のショップが今回営業を開始した。

IMG_0136_R.jpg

IMG_0137_R.jpg

IMG_0138_R.jpg

 大阪城の主、豊臣秀吉の馬印である千成瓢箪を、社名の由来とするお好み焼き専門店の千房も、創業店「千日前本店」の看板に記されていた「名代(なだい)」の文字を冠し、満を持して【名代 千房 JO-TERRACE OSAKA店】をオープンさせた。

IMG_0142_R.jpg

 1973(昭和48)年の創業時より広く展開してきたベーシックな「千房」、高級路線を打ち出し差別化を図ったハイクラスな「ぷれじでんと千房」。

 今回オープンしたのは、その二つの業態の中間に位置する、「千房 ELEGANCE」と言うクラスの店舗になるそうだ。

 各テーブルに鉄板はなく、壁には若き日にベスト・ヒット・USAで見た、懐かしのレコードジャケットたちが飾ってある。

 エルヴィス・プレスリーや、スリラーの時のマイケルジャクソン、青春時代を思い出して涙腺が緩むじゃないか…(´;ω;`)ウゥゥ

IMG_0148_R.jpg