2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08





ビアキッチン肉バル ジカビヤ 京都河原町店【レセプション】京都市中京区河原町

 1867年12月10日(慶応3年11月15日)の夜、土佐藩御用達の醤油商「近江屋」の2階に匿われていた坂本龍馬と、密会中の中岡慎太郎が何者かに襲われて暗殺された。

 世に言う「近江屋事件」だ。

 誰が何のために二人を暗殺したのか、確たる証拠もないまま様々な憶測だけが飛び交い、真相は今もって謎のままだが…

 日本を揺るがすほどの大事件が起こったその近江屋のあった場所から、河原町通りを少し北に歩いたところに、【ビアキッチン肉バル ジカビヤ 京都河原町店】はある。

IMG_1599_R.jpg
[ 2017/07/28 ] バル・バール | TB(0) | CM(0)

活海老バル orb 北新地【カラビネーロ(赤い悪魔)…ほかetc.】大阪市北区曾根崎新地

 1720(享保5)年10月16日、大阪の網島(現・都島区)の大長寺で、遊女の小春と、天満で紙屋を営む治兵衛の二人が自らの命を絶った。

 のちに近松門左衛門が、浄瑠璃「心中天網島(しんじゅう てんの あみじま)」の題材とした心中事件だ。

 小春が遊女として身を置いていた紀伊国屋があったのが、遊郭から商いの場へと姿を変えた堂島新地の後継地として、1708(宝永5)年に開かれた曽根崎新地だと言われている。

 その曽根崎遊郭も、1909(明治42)年に起きた「北の大火」から立ち直れないまま、翌年に消滅してしまったが…

 時は移ろい2014(平成26)年7月、東京の銀座と並び称されるほど、高級飲食店街へと変貌を遂げた曽根崎新地に、【活海老バル orb 北新地】がオープンした。

IMG_20170606_174213_R.jpg

 海老バルって言うぐらいだから、色んな種類のエビを色んな食べ方で楽しむことができる。

 それにしても海老ってこんなにも種類があるのか…\(☆o☆)/

IMG_20170606_205515_R.jpg

 オマール海老に至っては、カナダから空輸された天然ものを活けで食べられるんだから、海老好きにとっては垂涎モンじゃないか…(^_-)-☆

IMG_20170606_175656_R.jpg
[ 2017/06/24 ] バル・バール | TB(0) | CM(0)

豚農家直営 肉バル BooBoo キッチン【レセプション】堺市北区東雲東町

 1932(昭和7)年2月、かつての大日本帝国陸軍の騎兵(のち捜索)第4連隊および輜重兵第4大隊が、狭隘となった真田山から、現在は近畿管区警察学校や金岡公園になっている、当時の南河内郡金岡村へと移転をした。

 その部隊の移設に伴い、阪和電気鉄道(現JR西日本阪和線)の杉本町駅と、仁徳御陵前停留場(現在の百舌鳥駅)の間に、堺市停留場として設置されたのが今のJR堺市駅の始まりだ。

 軍隊のための駅として開業したため、当時は南海電鉄の堺駅や堺東駅のような賑わいはなかったようだが、 1956(昭和31)年に金岡団地、1966(昭和41)年に新金岡団地が建設されて以降は、JRにおける堺市の中心駅となっている。

 その堺市駅のスグ目の前に【豚農家直営 肉バル BooBoo キッチン】が、2017(平成29)年2月11日に新たにオープンした。

 なんでも東大阪市渋川町にある、長瀬畜産が丹精込めて育てた“なにわポーク”が食べられるとのことで、そのレセプションに呼んでいただいた。

 それにしても地元の東大阪で、しかも渋川町は今仕事で担当しているエリアなのに、そんな所に年間700頭も飼育してる養豚場があっただなんて、まったく気がつかなかったな…(。-∀-)

 なにわポークというブランドも初耳だったが、手間暇かけ丹精込めて育てるため、月に10頭ほどしか出荷できない貴重な豚だそうだ。

DSC_0215_R.jpg

 店頭のしゃぶしゃぶ写真に惹かれて入る客もいるだろうな~♪

DSC_0219_R.jpg

 飲み放題があるってワイン好きには朗報だ。

DSC_0220_R.jpg
[ 2017/05/13 ] バル・バール | TB(0) | CM(0)

活海老バル orb 天満【卵かけごはん、醤油ラーメン】大阪市北区池田町

 天神橋筋商店街は天神橋一丁目から六丁目まで、南北2.6kmの間に約600もの店舗が軒を連ねる、アーケードがかかった商店街としては日本一長い商店街である。

 その商店街の五丁目あたりの東側、JR天満駅の北側路地をちょちょいと入った所に天満市場がある。

 太閤さんの大阪城築城の頃と言うから、今から約430年もの昔から浪速の台所として栄えてきた青物市場だが、1931(昭和6)年に福島区に大阪市中央卸売市場が開場されると同時に衰退してしまったそうだ。

 近年、場外市場の空き店舗を利用した飲食店が増え、裏天満として再び脚光を浴び始めたこの地に、活けのオマール海老をウリにした【活海老バル orb 天満】はある。

IMG_20170309_182712_R.jpg
[ 2017/03/18 ] バル・バール | TB(0) | CM(0)