2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10





大衆酒場 十三屋【はまち造、おでん、あげ焼】大阪市淀川区十三東

 なんと今から106年も前の、1910(明治43)年に開業したという阪急十三駅。

 駅南西側の栄町エリアには飲食店やパチンコ店、その他にキャバレーやらピンクサロンやらラブホテルなどが密集していて、大人の歓楽街の様相を呈している。

 2014(平成26)年3月7日未明に十三トミータウン、通称“ションベン横丁”で起きた、11棟36店舗を焼失した火災は記憶に新しい。

 その十三駅の東改札口を出て、北に2分ほど歩いた所に「大衆酒場 十三屋」がある。

IMG_20150827_132826_R.jpg

スタンドふじ 本店【しめさば、だし巻、明太子炙り】大阪市阿倍野区阿倍野筋

 通天閣のお膝元、天王寺は、キタやミナミと並ぶ大阪の繁華街だ。

 隣接している阿倍野は、一説によると映画“陰陽師”で有名な、安倍晴明の生誕地なんだとか。

 その証拠かどうかは分からないが、安倍晴明神社というのもある。

 1998(平成10)年、そんな歴史ロマンを感じさせてくれる街の、再開発事業の一環としてあべのルシアスがオープンした。

 飲食店が軒を連ねる地下1階の一角に、海鮮が安いだけの店と謳う居酒屋「スタンドふじ 本店」はある。

 ところで陰陽師って、映画では摩訶不思議な呪術を使って、魔物退治なんかしてたけど、実際は方位学や天文学に基づいて吉凶を占ったりする公務員だった…なんて知らなかったな~

IMG_20150730_140716.jpg

恵美寿屋【本マグロ、豆あじ味りん干し、れんこんのはさみ揚げ…ほかetc.】大阪市阿倍野区阿倍野筋

 通天閣のお膝元、天王寺は、キタやミナミと並ぶ大阪の繁華街だ。

 隣接している阿倍野は、一説によると映画“陰陽師”で有名な、安倍晴明の生誕地なんだとか。

 その証拠かどうかは分からないが、安倍晴明神社というのもある。

 1998(平成10)年、そんな歴史ロマンを感じさせてくれる街の、再開発事業の一環としてあべのルシアスがオープンした。

 飲食店が軒を連ねる地下1階の一角に、ファンキーな外観の居酒屋「恵美寿屋」はある。

 ところで陰陽師って、映画では摩訶不思議な呪術を使って、魔物退治なんかしてたけど、実際は方位学や天文学に基づいて吉凶を占ったりする公務員だった…なんて知らなかったな~

IMG_20150730_124430.jpg

大衆飲み処 徳田酒店【しょうが天、とろさば、レバカツ…ほかetc.】大阪市都島区東野田町

 その昔、東海道五十七次の終点として、また大阪と京都を結ぶ京街道の起点として発展した街、京橋。

 先の太平洋戦争では、終戦前日の1945(昭和20)年8月14日に、京橋駅が空襲され800名もの尊い命が犠牲となった。

 そんな悲惨な戦争からも70年が経ち、町に戦争の爪あとを感じることもなく、JRをはじめ京阪や地下鉄の長堀鶴見緑地線が乗り入れ、今や大阪の東の玄関口として、梅田や難波に次ぐ繁華街になっている。

 一部では梅田のキタ、難波のミナミに対抗し、京橋エリアをヒガシとして定着させようとする動きもあるとか、ないとか・・・

 そして京橋と言えば、大阪の人なら誰しもが知っている、『京橋はえぇとこだっせ~』でお馴染みのグランシャトーだ。

 そんな大阪ソウルタウンの、地下鉄に直結するコムズガーデン近くに「徳田酒店」はある。

徳田

酒場 やまと【生タコ、もずくかき揚げ、サーモンユッケ、海老天の盛合せ】大阪市北区小松原町

 1964(昭和39)年竣工の旧富国生命ビルを、耐震性の問題から建て替え、2010(平成22)年12月にグランドオープンした富国生命ビル。

 地上28階、地下4階、高さは約132mの威容は、大阪を代表するほどの超高層ビルだ。

 そのビルの地下2階、飲食店が立ち並ぶエリアに、肥後橋の人気立ち飲み店「わすれな草」が、姉妹店としてオープンさせた【酒場 やまと】はある。

IMG_20150528_124508_R.jpg